주요 기사 바로가기

正恩氏「私がRed Velvetを見に来るかどうか関心が多かった」 南側公演を電撃観覧

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.02 09:34
0
1/3
北朝鮮の金正恩労働党委員長(左)が1日午後、平壌東平壌大劇場で「春が来る」というタイトルで開かれた「南北平和協力祈願南側芸術団平壌公演」の会場で、韓国の都鍾煥文化体育観光部長官と言葉を交わしている。(写真=共同取材団)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏と一緒に1日午後、平壌(ピョンヤン)東平壌大劇場で開かれた韓国芸術団の公演を観覧した。正恩氏は韓国側の出演陣に「文化芸術公演を頻繁に行うべきだ。南側が『春が来る』という公演をしたので、秋には結実を持って『秋が来た』という公演をソウルでしようと文在寅(ムン・ジェイン)大統領にしっかりと伝えてほしい」と述べたことを公演関係者が伝えた。北朝鮮最高指導者が韓国芸術団の公演を直接観覧したのは初めてだ。

正恩氏はまた「このような場がどれほど良いか、文大統領に伝えてほしい」とし「平壌市民にこのようなプレゼントをありがとう」と伝えた。2011年に亡くなった金正日(キム・ジョンイル)総書記にも言及しながら、この日の公演について「金正日委員長にも伝える」という言葉を残したという。

この日午後6時40分ごろ、公演会場に到着した正恩氏は2階で公演を観覧し、時折、大きな拍手をしていたという。正恩氏と一緒に公演を観覧した韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官は「(正恩氏が)南側の公演(観覧)中に歌や歌詞について尋ねてくるなど高い関心を示した」と当時の様子を伝えた。

正恩氏はまた、韓国ガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)にも言及した。「私がRed Velvetを見にくるかどうか、関心が多かった」と述べながらだ。Red Velvetは『Bad Boy』『Red Flavor』などを歌った。この日の公演には金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長らも出席した。正恩氏はまた「当初は明後日(3日)に来ようと思っていたが、日程を調整して今日来ることにした」とも述べた。政府高位関係者は「南北合同公演(3日)も意味はあるが、韓国出演者だけが登場する公演だけを見ることも意味がある」と説明した。

この日の公演は、当初は午後5時30分に開かれる予定だったが、北朝鮮側が突然午後7時30分に遅らせた。だが、最終的に午後6時50分から始まることになった。正恩氏が急に公演観覧を決めたことで、身辺の安全確保などに時間がかかったものと予想される。

この過程で取材陣は公演会場に入ることができず、北朝鮮の人員から監視を受ける状況となった。当時はまだ正恩氏の出席が伝えられていなかった状態で、北側の人員は「もうすぐ耳が大きく開かれるような便りを聞くことになる」と話したが、公演開始後は「どのみち公演が始まっても中には入れない」と取材陣の会場入りを遮断した。

この日の公演にはチョー・ヨンピルさん、イ・ソニ、チェ・ジニ、ユン・ドヒョン、ペク・ジヨン、Red Velvet、ソヒョンら計11組の歌手がステージに立った。チョー・ヨンピルとともにステージに上がったバンド「ウェデハンタンセン(偉大な誕生)」のメンバーは「観客がとても感激的に反応した」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP