주요 기사 바로가기

ドラムとキーボードはどこへ? 過去の平壌公演ではこんなことも

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.01 11:45
0
チョー・ヨンピルさんが1日午後に平壌(ピョンヤン)公演の舞台に立つ。2005年に柳京鄭周永(リュギョン・チョンジュヨン)体育館で公演してから13年ぶりだ。この日の公演には歌手イ・ソニさん、チェ・ジニさん、ユン・ドヒョンさんらも合流する。彼らは先月31日にチャーター機を利用して平壌に到着した。4月20日から全国ツアーを計画中のチョー・ヨンピルさんのバックバンドである「偉大な誕生」が伴奏を務める。

チョー・ヨンピルさんと「偉大な誕生」は2005年の公演時にひやりとした経験があったという。公演に向け持っていった楽器が平壌まで運ばれる途中で消えたためだ。チョー・ヨンピルさん側関係者らによると、当時平壌公演を控えてコンテナ15個分の楽器と照明、LED電光掲示板などを仁川(インチョン)港から北朝鮮の南浦(ナムポ)港に送った。当時北朝鮮にはコンテナを載せるトレーラーがなく、南浦港でコンテナを開き貨物を一般トラックに載せ替えて平壌に運搬することにした。

2005年公演に関与した複数の関係者は「北側で5トントラックを準備し楽器などを移すことにしたが、実際に到着してみたら1.5トン程度のトラック40台ほどが待機していた。トラックは数十年前に作られた古いものなのでまともに移せるか疑問を感じた」と話した。彼らは「トラックの床も古くなっており、貨物室の横と後の柵がないトラックもあった」と話す。このため現場の公演関連担当者が針金で貨物をトラックに縛ろうとしたが不如意のためゆっくりと平壌に移動することにした、南浦から平壌までは高速道路(青年英雄高速道路)のため相対的に道路状態が良く、16車線と道路幅が広い上に移動車両が多くなく、ゆっくり移動すれば問題がないだろうという判断だった。

しかし平壌に到着して舞台に楽器を設置している間に問題が起きた。トムトムと呼ばれるドラムが消えたのだ。トムトムはベースドラムの上に置くドラムセットのひとつだ。また、多様な音色を演奏するキーボードもひとつなくなった。当時の行事関係者は「平壌まで輸送する途中にトラックから落ちたようだ。平壌にあるドラムを利用することもできたが、チョー・ヨンピルさんと偉大な誕生は楽器に関する限り譲歩がない。楽器がなくなったので韓国側から追加空輸が避けられなかった」と伝えた。結局消えたトムトムとキーボードと同じ種類にものを再び北朝鮮に送り公演直前に設置したという。

2000年代初めに平壌公演に向け北朝鮮を訪問した韓国側歌手が持っていったプレゼントが北朝鮮当局者らを当惑させたこともある。ある歌手が北朝鮮の経済事情が厳しいという話を聞き男性用避妊用品を大量に持っていき渡そうとしたが北朝鮮側が反発したという。ある公演関係者は「当時ある歌手が公演を終え北朝鮮側関係者らにプレゼントを渡そうとすると、北朝鮮側関係者が中身を尋ねた。北朝鮮側にこれ(避妊道具)が不足しているという話を聞いて持ってきたという趣旨で説明した」と話した。

すると北朝鮮側関係者らが、「共和国(北朝鮮)を淫らだと考えているのではないか」と反発し、これに謝罪することで収まったという。ある関係者は「北朝鮮側は面食らったようだった。後で北朝鮮側関係者が『公開的にしてどうするのか』『共和国を過小評価しているのでないか』としたため、その歌手は純粋な意味でプレゼントを準備したと説明し誤解が解けた」と伝えた。南と北の思想と制度が違うことで生じたハプニングだったという話だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP