주요 기사 바로가기

中朝公式報道「正恩氏、習氏の招待で夫人・李雪主氏を伴い訪中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.28 10:28
0
中国を訪問した金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が中国の習近平国家主席との会談で、中朝親善関係の発展と韓半島(朝鮮半島)情勢管理問題など重要な懸案について深い意見交換を行ったと北朝鮮の朝鮮中央通信が28日、報じた。同時多発的に中国中央テレビ(CCTV)も習氏の招待で正恩氏が25日から27日まで訪中して北京で首脳会談に臨んだと報じた。

中央通信は正恩氏と習氏の会談が26日に北京人民大会堂で行われたとし「朝中の2党、2国の最高領導者同志が朝中親善関係の発展と朝鮮半島情勢管理問題をはじめ、重要な懸案について深く意見を交換した」と明らかにした。

中央通信は続いて「最高領導者同志(金正恩)は習近平同志をはじめとする中国同志ともっと頻繁に会って友情をより一層固くし、戦略的意思疎通、戦略戦術的協同を強化し、朝中両国の団結と協力を強固なものにしていくべきだと述べた」と伝えた。

また「金正恩同志は我が党と政府の名前で習近平同志の都合がつく時期に朝鮮民主主義人民共和国を公式訪問するよう招待し、この招待は快諾された」と付け加えた。

中央通信は、正恩氏の夫人である李雪主(リ・ソルジュ)氏も同行し、崔竜海(チェ・ヨンヘ)・朴光浩(パク・ グァンホ)・李洙ヨン(リ・スヨン)・金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長と李容浩(リ・ヨンホ)外相が随行したと伝えた。夫婦同伴で品格を備えつつ、外交および南北関係を総括する要人を一人残らず伴って訪中したのだ。これに伴い、南北、米朝首脳会談を控えて韓半島問題を包括的に議論したとみられる。

この日、CCTVは習氏と正恩氏は北京会談で儀仗隊の査閲とあわせて夫婦同伴で夕食を共にした後、両国の友好協力に対して志を一つにしながら韓半島平和と安定に向けて取り組んでいくことに合意したと伝えた。この席には李克強首相や王滬寧常務委員らが同席したという。一方、今回の訪中団には正恩氏だけでなく、夫人の李雪主氏や李容浩氏ら含まれていたとCCTVは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP