주요 기사 바로가기

「白頭血統」だけが乗る特級列車…金日成主席の路程をたどる?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.27 08:50
0
第1回南北首脳会談を半月後に控えた2000年5月28日夜、韓国の国家情報院が慌ただしくなった。金正日(キム・ジョンイル)総書記(2011年死去)が乗っているとみられる特別列車が北朝鮮新義州(シンウィジュ)と中国丹東をつなぐ朝中友誼橋を通過したからだ。当時、該当業務を引き受けていた関係者は「該当諜報が入る1週間ほど前から北京の北朝鮮大使館に動きが見られた。南北首脳会談を控えて金正日総書記の訪中が予想されていた時期だった」とし「特別列車が丹東駅を経て北京に向かいながら諜報は情報となり、29日午前10時に北京駅に列車が到着して事実と確認された」と伝えた。

25日、中国に北朝鮮の高位層が乗っているとみられる特別列車が現れ、線路周辺に壁が設けられた。18年前と似た動きだった。韓国政府関係者は「誰が乗っているかは26日夜現在、確認されていない」とし「南北首脳会談、米朝首脳会談の推進など最近の韓半島(朝鮮半島)の新しい動きの中で、金正恩委員長が電撃的に中国を訪問したり他の高位層を送る可能性があり、状況を注視している」と話した。

金正恩委員長は執権後、「チャムメ」と呼ばれる専用機を使っている。実際に金正恩委員長は列車に乗って北京を訪れたのか。専門家らは金正恩委員長が乗っているとすれば2つの理由のためとみている。まずは先代指導者の道をたどるというレベルだ。全賢俊(チョン・ヒョンジュン)又石大兼任教授は「金正日総書記の列車利用は父の金日成(キム・イルソン)主席の路程をたどるという意味があった」と述べた。金正日総書記は2000年以降5回の訪中にすべて列車を利用した。これを考慮すると、金正恩委員長も執権後の最初の外遊に金正日総書記が通った道をたどって政策構想をした可能性が高い。安全を考慮した措置という説明もある。政府当局者は「米国や韓国にすぐに確認される専用機の運航を避けることができる」と話した。

金正日総書記は首脳会談を控えて公開活動を8日間中断し、中国を訪れて状況を直接説明した。金正恩委員長も5日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使と面談した後から公開活動を中断したという点で、韓半島の安保秩序が再編される可能性がある状況に備えて韓国や米国との首脳会談に先立ち血盟の中国を訪問する可能性がある。強力な権力を確保した習近平主席と先に会う必要を感じたのだ。

しかし中国外務省の華春瑩報道官は26日の定例記者会見で「(北朝鮮高位層の訪中に)関連する情報はない」と述べた。この説明が事実なら、公式に明らかにできない北朝鮮の人物が乗っている可能性があるという見方が出ている。また、航空機を利用できない状況の人物が乗っている可能性もある。こうした点から金正恩委員長でなければ妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長という見方が多い。別の政府当局者は「特別列車は『白頭(ペクドゥ)血統』だけが利用すると把握している」とし「金正恩委員長でなければ金与正副部長かもしれない」と話した。また「先月、金与正副部長が韓国を訪問した時は専用機を利用したが、出産日が近づいて航空機に乗ることができない状況も考えられる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP