주요 기사 바로가기

韓経:「原子力発電所16基作るサウジは金の卵…韓国は受注戦に臨む米国と手を握るべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.23 11:10
0
1/2
原発専門家が22日、ソウル中林洞の韓国経済新聞社で「原子力発電所輸出成功のための条件」を主題で討論している。左から安鉉実韓国経済新聞論説・専門委員、李宗勲元韓国電力社長、鄭雲天正しい未来党議員、李薫共に民主党議員、邊俊淵ビジョンパワー社長、金明顕慶煕大学原子力工学科教授。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月26日、アラブ首長国連邦(UAE)バラカ原子力発電所建設現場を訪問するなど本格的な「原子力発電所セールス」に取り組む。2009年に韓国が受注したバラカ原子力発電所は砂漠の上に建てられる最初の原子力発電所でことし年末の試運転を目標に建設作業の最中だ。文大統領のバラカ原子力発電所訪問は近隣のサウジアラビア原子力発電所受注のための布石という解釈が多い。サウジは合計20兆ウォン(約1兆9420億円)規模の原子力発電所を2基作ることにし、予備事業者(ショートリスト)2カ所程度を早ければ今月末に選定する。韓国をはじめとして米国、中国、ロシア、フランスなど原子力発電所強国が水面下で競争している。韓国はバラカ原子力発電所の成功的建設がサウジ原子力発電所受注に肯定的影響を及ぼすだろうという期待が高い。

韓国経済新聞は文大統領のバラカ原子力発電所訪問を契機に22日、政界・学界・産業界の専門家と「原子力発電所輸出成功のための条件」を主題に座談会を開いた。専門家は「サウジは今回の2基建設を始め今後合計16基の原子力発電所を作る計画」とし、「最初の契約を取れば残りも受注する可能性が高いため国家的に力を集め、よく戦略を立てて今回の機会を必ず掴まなければならない」と口をそろえた。

安鉉実(アン・ヒョンシル)韓国経済新聞論説・専門委員の司会で開かれたこの日の座談会には学界から慶煕(キョンヒ)大学原子力工学科の金明顕(キム・ミョンヒョン)教授が、産業界から李宗勲(イ・ジョンフン)元韓国電力社長とビジョンパワーの邊俊淵(ビョン・ジュンニョン)社長が参加した。政界からは国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会所属である李薫(イ・フン)共に民主党議員と鄭雲天(チョン・ウンチョン)正しい未来党議員が参加した。

▽安鉉実韓国経済新聞論説・専門委員(司会)=政府は韓国で脱原子力発電所を推進しているが輸出は奨励するという「ツートラック戦略」を使っている。これに対する意見は。

▽李薫共に民主党議員=脱原子力発電所に関して与党と政府内でも反省がある。脱原子力発電所という用語は今すぐ原子力発電所をシャットダウン(閉鎖)という意味多くの人が受け止めるため用語を「エネルギー転換」に変えた。単純に用語ばかり変更したわけではない。原子力発電所を減らして新再生エネルギーを増やせば、産業界で吸収可能な水準で最適化されるだろう。過去には原子力発電所建設にばかり焦点が合わされて投資が行われたがこれからは原子力発電所の性能改善や閉路技術などに政府が投資するだろう。エネルギー転換政策と原子力発電所輸出は十分に両立可能だ。

▽金明顕慶煕大学原子力工学科教授=学界は原子力を減らしてこそ新再生が入ってくるという両極端的な考えに批判的だ。新再生は非常に長間にわたる研究開発が必要だ。原子力発電所は今稼動していて安全性が立証されて競争力がある。原子力発電所産業が健在でこそ輸出が可能だ。関連中小企業の仕事がなくなれば生態系が急速に崩れるだろう。国内で速度は遅らせても建設を継続するといってはじめて海外市場でも通用することができる。

▽李宗勲元韓電社長=米国、フランスは3世代原子炉を開発したが発電所竣工はできなかった。韓国は3世代である新古里(シンゴリ)3号機が2016年12月から1年以上たった一度の停止もなく稼動した。競争相手がないほど苦労して技術自立をしたのに突然国内で原子力発電所建設をしないと言うため非常に難しい状況になった。大統領がUAEに行ってくれば考えが変わるものと期待する。巨大な工事を私たちの能力でやり遂げているのを見れば脱原子力発電所の考えを変えることができるとみている。

▽安委員=韓国のサウジ原子力発電所受注の可能性はどの程度か。米国が受注戦に参加して一寸の先も分からない状況になった。

▽鄭雲天正しい未来党議員=共産圏の中国・ロシアが積極的に受注に乗り出している。中国は習近平国家主席が、ロシアはプーチン大統領が自ら取り組んでいるという。韓国は施工技術で最も先んじているが政治力は劣る。米国と原子力同盟を結んで一緒に受注する必要があるように思える。大統領が運転席に自ら座らなければならない。今回大統領がUAEに行く際にサウジも訪問しようとしたが失敗に終わったのが残念だ。原子力発電所受注は経済だけでなく政治国防まで含むイシューだ。

▽金教授=サウジは逃しがたい金脈の市場だ。今後20年間余り、計16基の原子力発電所建設を推進中だが開始からこのような長期プランを立てた国は珍しい。2基を受注する最初の契約さえ取りつければ後続契約も期待できる。韓国型第3世代原子力発電所のAPR1400は米国と欧州で安全審査を通過した。サウジは親米指向だが米国は原子力発電所輸出の実績がない。ロシアと中国が力を合わせる兆しを見せているため米国も合従連衡が必要だ。韓国がショートリストに入り米国と手を握ればとても有利だ。

▽李議員=中国は原子力発電所の安全性の問題が障害になりロシアはサウジと関係が良くないイランに原子力発電所を作っている。フランスは第3世代原子力発電所の商業運転ができなくなっている。約束した期限内に建設できて商業運転まで検証された国は韓国しかないとサウジも判断するだろう。米国はウェスティングハウスが困難を経験する状況で参加したのが一種の「ブラフ(ポーカーではったりで大きくベッティングすること)」とみる。米国も技術力が優れた韓国との協力を考えるだろう。

▽安委員=原子力発電所輸出を活性化するために必要なことは何か。

▽李元社長=建設工期に合わせて費用を最小化する能力で韓国に追いつく所はない。ただ、サウジまたはUAEのように建設費を負担する国がある一方で建設と運営を我々が負担しながら電力を売って収益を出さなければならない国もある。ファイナンシング(金融調達)能力がとても重要だということだ。自国の軍隊訓練を韓国軍に依頼したUAEのように念願事業解決を条件とする国も多いだろう。結局、政府が積極的に動かなければならない。

▽鄭議員=国内原子力発電所を減らすことにしたため輸出だけでも確実な生態系を構築しなければならない。政府が第8次電力需給基本計画を発表し、天地(チョンジ)1・2号機などの建設を取り消した。APR1400より高い水準の安全性と経済性を兼ね備えた3.5世代原子炉APR+を該当原子力発電所に導入しようとしたが失敗に終わった。合計2357億ウォンをかけて開発したものなのに死蔵してはいけない。慶尚北道霊徳(キョンサンブクド・ヨンドク)に天地1・2号機の敷地が確保されているが、そこを次世代原子力発電所輸出戦略地区に指定して天地1・2号機を再び建設しなければならない。

▽李議員=韓国原発産業が急速に成長したのは国家が主導したためだ。だが、原子力発電所建設など先行分野にばかり集中した。古里(コリ)1号機閉路を始まりに原子力発電所解体など後行分野のノウハウを積んで国家が支援すれば関連市場が開かれて私たちにできることが多いだろう。

▽邊俊淵ビジョンパワー社長=UAEサウジなど金持ちの国々は世界最高専門家を連れてきて入札ソを評価するようにする。入札資料をよく作成するのが受注の可能性の80%を占めると考える。韓国は1994年から10年間余り北朝鮮の軽水炉支援事業を行い英語で関連文書数万枚を作成した。これに対するノウハウを積み、それがUAE原子力発電所受注に寄与した。このようなノウハウが維持されるには続けて海外受注に取り組まなければならない。韓国が40年間余り技術の自立を通じて原子力発電所最強国になったが、一朝にして脱原子力発電所を宣言したことはブラジルが今後はサッカーはせずに代わりに卓球をすると宣言したようなものだ。現代自動車が国内で断種すると発表した自動車を外国顧客が買うだろうか。原子力発電所は運営と維持保守も重要なので脱原子力発電所政策に固執すれば結局輸出にも悪影響を及ぼすだろう。

▽安委員=原子力発電所を作る国家が予想より多くないだろうという意見もある。

▽金教授=世界原子力協会によれば2030年まで160基余りの原子力発電所建設が計画されており、そのうち韓国が受注競争できるのが70基程度だ。脱原子力発電所する国はドイツ、スイスなど数カ国にすぎず残りの国家指導者は地球温暖化、核安保などの理由で原子力発電所に肯定的な考えを持っている。韓国も原発問題に柔軟な考え方でアプローチする必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP