주요 기사 바로가기

文大統領「韓米朝首脳会談可能」事実上終戦宣言の布石

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.22 09:58
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日「(南北、米朝首脳会談の)進捗状況によって韓米朝3カ国の首脳会談につながる可能性もある」として「今回の会談とこれから続く会談を通じて韓半島(朝鮮半島)の核と平和問題を完全に終わらせる必要がある」と明らかにした。文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた南北首脳会談準備委第2回会議で「南北首脳会談に続き、米朝首脳会談は会談自体が世界史的なことであり、場所によっては一層劇的な姿になり得る」としてこのように話した。

文大統領は「行ってみたことのない未踏の道だが、我々は明らかな構想を持っており、韓米朝首脳間合意を通じて実現しようとする明らかな目標とビジョンを有している」と述べた。文大統領が3カ国首脳会談を言及したのは初めてだ。引き続き、連鎖会談の目標に対して「韓半島の非核化、韓半島の恒久的平和体制と米朝関係の正常化、南北関係の発展、米朝間、または、韓米朝間経済協力などになるだろう」と提示した。

文大統領が3カ国首脳会談を取り出したのは終戦宣言を念頭に置いたものという。ある与党要人は「北朝鮮の非核化と米朝修交のような包括的合意が実現するという前提で3カ国首脳会談を通じて6・25戦争(朝鮮戦争)の終戦を宣言できるだろう」と話した。仁済(インジェ)大学統一学部のキム・ヨンチョル教授は「文大統領の韓米朝会談の提案はその間ソウルを間に置いて行われてきた韓米朝3角対話の延長線上から出たもの」とし「2007年10・4南北共同宣言にも3カ国ないし4カ国が参加する韓半島終戦宣言条項が含まれている」と話した。

1953年休戦協定当事国は韓国・米国・中国・北朝鮮だが、今回の3カ国首脳会談提案では中国が抜けた。青瓦台核心関係者は「中国はまだのようだ」と話した。

ただし、青瓦台関係者は「文大統領の構想がドナルド・トランプ米大統領とも共感を得て出たものか」という質問に「そうではない」と一線を画した。北朝鮮との交感に対しても「今このような提案をして、南北、または、米朝首脳会談、あるいは韓米間に対話をしながら推進するという意味」と答えた。

この日、文大統領は「南北が共に生きようが別に生きようがが、互いに干渉せず互いに被害を与えずに共に繁栄して平和的に生きることができるようにする必要がある」という自身の統一論も言及した。これは昨年7月、ドイツ・ケルバー財団での演説で「北朝鮮の崩壊を望んでおらず、吸収統一を推進することも、人為的統一を追求することもないだろう」と明らかにしたものと同じ流れだ。

文大統領は「韓半島の平和定着は米国の保障がなければならない」として「目標やビジョン、戦略を米国と共有できるように十分に協議せよ」と指示した。このため、「(南北)会談の資料を準備する時、中立的立場でそれぞれの提案が南北と米国にどのような利益をもたらすか、また、その利益を互いにどのようにやりとりすることになるのかを説明し説得することができるよう準備してほしい」とも呼びかけた。

文大統領は「今回の南北首脳会談の合意文にはかつて2回にわたる南北首脳会談で合意した基本事項を含め、国会批准を得るよう準備してほしい」と指示した。文大統領は「10・4宣言は国民の支持を得て世界が絶賛し、国連で全会一致で支持決議まで出たものだが、結果がどうだったか」として「国会の批准を得てこそ政治状況が変わっても合意が永続的に推進される」と強調した。彼は「南北首脳会談の合意内容を履行するには国家財政も投入されるだけに、必ず国会の同意を得る必要がある」と付け加えた。だが、南北首脳間合意に保守陣営が受け入れることの難しい内容が含まれれば、国会批准の過程が難航するだろうという見方も出ている。

一方、青瓦台は実務レベルでの南北高官会談を29日板門店(パンムンジョム)北朝鮮側統一閣で開催しようと北朝鮮に提案する予定だと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP