주요 기사 바로가기

韓国ヒップホップはなぜ「女性嫌悪」音楽になったのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.21 15:03
0
「歌詞を作成したのは事実だが、侮辱しようとしたわけではない」。女性ラッパー「KittiB」(本名キム・ボミ)を侮辱した容疑で書類送検されたラッパー「Black Nut」(本名キム・デウン)の弁護人が今月15日に法廷で述べた言葉だ。「この意見に同意するか」という裁判長の質問にBlack Nutも「同意する」と答えた。これを念頭に置いて問題となった歌詞をもう一度見てみよう。

「俺は実はKittiB写真見て一人Xってみたのさ(曲名『Indigo Child』)」「KittiBの胸みたいに高くそびえ立ったぜ/本物か偽物か横になれば分かるさ(未発売曲)」「やっても食いつきもしねぇ/オマエbitXXは(曲名『Too Real』)」などだ。百歩譲って相手を侮辱する故意的な気持ちがなかったと信じようというのなら、ひょっとしたらそれは一層深刻な問題かもしれない。芸術的苦悩の結果が扇情的な侮辱語だということだ。

韓国ヒップホップが女性を嫌悪するのは昨日今日のことではない。批判も続いている。それでも問題は収まらない。今月1日に公開されたnaflaの『花』を見てみよう。「江南(カンナム)の鼻の組合せはうまくやったね」「お前の花のような顔にちょっぴりついた味噌」「お前に似合うsoy bean paste(味噌)」「top 10に入ったから見る目が変わっちゃったのかい/1、2歳年上のオッパよりも金持ちのおじさんにopen up wide」など。それ自体が嫌悪的概念である「味噌女」(テンジャンニョ=親や男性の経済力を頼りにしてブランド物を購入するような若い女性のこと)を前に出してこれを非難する。直接的な侮辱は避けているが女性に対する嫌悪がひと目で分かる。

事例は次から次へと出てきてとどまるところを知らない。2015年WINNER(ウィナー)のソン・ミンホはMnetの『Show Me The Money4』で不適切な歌詞を歌って批判に直面すると謝罪をした。だが、昨年10月Epik High(エピック・ハイ)の曲『ノーサンキュー』に参加して「MotherfuXXXさえ使うと今では嫌悪だって言われる時代、Shit」と歌い、先の謝罪を否定するような姿を見せた。

『Show Me The Money』『UNPRETTY RAPSTAR』など、ヒップホップ芸能の人気と共に2010年代の「大衆音楽」としてヒップホップ全盛時代が開かれた。ヒョン・ジニョン、ソテジワアイドゥル、DEUX(ドュース)などがラップを取り入れたダンスミュージックでヒップホップの面白さを紹介した1990年代以降、「アンダー」ヒップホップがこのように大きな注目を浴びるようになったことはほぼなかった(もちろん依然として『Show Me The Money』など、ヒップホップを扱った番組に登場した一部のアンダーヒップホップだけが注目される状況ではあるが、ヒップホップそのものに対する関心が高まったのは事実だ)。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ヒップホップはなぜ「女性嫌悪」音楽になったのか(1)

    2018.03.21 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    韓国のヒップホップショー『Show Me The Money4』でソン・ミンホ(右)とBlack Nutがディスバトルを行っている。ソン・ミンホのラップを無視して竹枕を抱いて寝るふりをするBlack Nut。(写真提供=Mnet)
    TOP