주요 기사 바로가기

【中央時評】文在寅経済ブレーンたちの錯覚(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.21 13:15
0
2月9日、2つの大きなニュースが出た。同日午後にGMのバリー・アングル社長が訪韓し群山(クンサン)工場閉鎖の方針を明らかにした。そして夜には平昌(ピョンチャン)五輪開幕式でインテルがドローンショーを行った。技術専門家らはこの日インテルのドローンショーを見て韓国GMの不吉な兆しを読み取ったと口をそろえた。インテルのドローンとGMの韓国撤退は深くつながっているためだ。

インテルのドローンショーは平昌の「真の勝者」という称賛を受けた。だが真実は正反対だ。ドローンショーはインテルの生き残りに向けた凄絶な身もだえであるためだ。インテルは依然としてコンピュータCPUを支配する。だがDRAM事業はかなり以前に撤退し、モバイル時代にはスマートフォン用AP競争でクアルコムのスナップドラゴンに敗れた。最近人工知能でもインテルのCPUは一時ゲーム用グラフィックカードも作った二流企業のエヌビディアのグラフィック処理装置(GPU)に押されている。

株価だけ見てもわかる。エヌビディアの株価は3年で10倍以上に上がった。エヌビディアのGPUはビットコイン採掘用で大儲けし、データセンターブームに乗りさらに飛ぶように売れた。エヌビディアはGPUを前面に出し自動運転分野でも最強者だ。

ドローンは窮地に追い込まれたインテルの最後の勝負だ。ドローンショーの核心は衛星航法システム(GPS)と自動運転、モノのインターネット機能だ。ドローンに装着したCPUとGPU、メモリー、通信チップを統合した複合半導体がインテルの秘密兵器だ。インテルはさらにエヌビディアに追いつくため17兆6000億ウォンを投じて自動運転の二大山脈であるモービルアイまで買収した。

現在世界の自動運転企業は2020年までにレベル4(高度自動運転=危機が迫ればドライバーが居眠りしていても自動で道端に避けたり自動で止まる水準)を目標に血戦を繰り広げている。ところでエヌビディア、インテル、グーグル、アップル、テスラなどを抜き最近恐ろしいほど伸びている企業がある。まさにGMだ。最近の調査では自動運転総合1位まで占めた。GMが自動運転と電気自動車に惜しみなく資金を注いでいるためだ。

韓国GMが崖っぷちに追いやられた秘密もここにある。GMのグローバル経営戦略がすべて変わったのだ。いま韓国政府は人員削減を防ぐために公的資金まで投じて引き留めようとする立場だ。だが文在寅(ムン・ジェイン)経済ブレーンの錯覚だ。このまま行けば群山工場閉鎖で終わることではない。労組の賃金削減やGMの経営戦略が完全に変わらない限りGMの韓国撤退は時間の問題と変わらない。
【中央時評】文在寅経済ブレーンたちの錯覚(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP