주요 기사 바로가기

南北統一に影響力及ぼす国は? 米中が圧倒的、日露は微弱

ⓒ 中央日報日本語版2018.03.21 06:35
0
韓国人は南北の統一に最も大きな影響力を及ぼす国として米国を挙げた。

大統領諮問機関である民主平和統一諮問会議は調査機関「リサーチアンドリサーチ」に依頼して今月15日から3日間にわたり全国成人男女1000人を対象に電話調査を実施した結果(信頼水準95%、標本誤差±3.1%P)、南北統一に最も大きな影響力を及ぼす国はどこかを尋ねた質問に対し、53.4%の回答者が「米国」と答えた。

続いて中国が34.2%で2位を記録した。2015年の調査以来、初めて米国と中国の順位が入れ替わった。3位は日本(2%)、4位はロシア(1.9%)だった。大多数の韓国人は南北統一に米国と中国の影響力が絶対的だと考えていることが分かる。

一方、北朝鮮に対する認識も昨年と比較すると肯定的に変わった。2017年第4四半期には北朝鮮を「警戒ないし敵対対象」と考えていた回答者が全体の42.5%を占めていたが、今年第1四半期には32.6%に減った。民主平和統一は「平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)を契機に南北対話の再開など南北関係が回復して肯定的な見方が大幅に増えた」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP