주요 기사 바로가기

TWICE『Candy Pop』、日本で3連続プラチナ認定+オリコン月間ランキング2位に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.03.19 15:56
0
韓国ガールズグループのTWICE(トゥワイス)が日本2ndシングル『Candy Pop』でオリコンの2月のシングル月間ランキングで日本代表グループ嵐に続いて2位を占めた。また、日本レコード協会からプラチナ認定も受け、これでアルバム・シングル通算3連続となった。

最近、オリコンによると、TWICEが先月7日に発表した『Candy Pop』は推定売上枚数32万4035枚で約42万枚を記録した嵐に続いて2位にランクインした。3位はこれもまた日本を代表するアイドルグループHey!Say!JUMPで、推定売上枚数約26万枚を記録した。

また、『Candy Pop』は最近、日本レコード協会から25万枚以上の販売高を記録した音盤に付与されるプラチナ認定を受けた。昨年6月に日本デビューベストアルバム『#TWICE』、10月の日本デビューシングル『One More Time』に続く認定だ。

日本で韓国ガールズグループとしては初めて同じ年にシングルとアルバムの両方でプラチナ認定を受けた上、日本1stアルバムと1stシングルをプラチナ認定入りさせた韓国初のアーティストとなったTWICEは、『Candy Pop』で海外アーティストとして初めて「デビューシングルから2作連続で初週販売高20万枚突破」する記録を樹立したことに続き、デビューと同時に3連続プラチナ認定という新記録を叩き出した。

『Candy Pop』は、公開後オリコンのデイリーシングルランキングで6日連続首位および週間シングルランキング首位に立った。あわせて発売初週のビルボードジャパン(Billboard JAPAN)集計基準で30万3746枚の販売高を記録し、シングル1位、ルックアップ1位、ストリーミング1位、動画再生1位の計4冠で「JAPAN HOT100」総合首位にランクインして、その人気を再確認させた。

また『Candy Pop』は発売2週間で出庫量40万枚を初めて突破したおかげで、TWICEは日本デビュー8カ月にして通算出庫量100万枚を越える記録も作った。

これに先立ち、TWICEは先月27日、日本ゴールドディスク大賞ホームページが公開した第32回日本ゴールドディスク大賞で新人アーティストとしては初めて「New Artist of the year」など5冠に輝いた。

ファンへの掛け声「One in a Million」(とても特別な存在)を地で行くTWICEは、8日『Likey』のミュージック・ビデオ(MV)でK-POPガールズグループ史上、最短期間で2億再生回数を突破し、意味のある記録を立て続けに放っている。

4月初めに韓国でのカムバック計画を伝えてファンの期待を高めているTWICEは、5月18日から20日まで3日間、ソウル松坡区(ソンパグ)の蚕室(チャムシル)室内体育館で2回目のツアー「TWICELAND ZONE 2:Fantasy Park」をスタートさせる。

これを控えて今月5日にはファンクラブ「Candy」、7日にはファンクラブ「Jelly」、9日には一般前売り券の発売を開始したが、3回で1万8000席が全て売り切れ、強力な「チケットパワー」を見せつけた。

これに先立ち、TWICEは昨年2月、デビュー1年4カ月でソウル松坡区のオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で初めてのツアーを行った単独コンサート「TWICELAND -THE OPENING-」の3公演1万5000席に加えて、6月に蚕室室内体育館で行われたアンコール2公演1万2000席も全て完売させて熱い人気を立証していた。

TWICEは「Fantasy Park」コンサート後には、日本でも5月26日と27日さいたまスーパーアリーナ、6月2日と3日大阪城ホールで計4回のライブ公演を開催する。特に、今回全4回で行われる日本コンサートは、1月と2月に開催された初のショーケースツアーに比べると、さらに規模を拡大して1万人以上収容可能なアリーナ公演会場で開催する舞台ということで、現地ファンの間で期待が高まっている。

TWICEは日本に続いてシンガポールなどでもコンサートを開催して海外ツアーを継続する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    TWICE『Candy Pop』、日本で3連続プラチナ認定+オリコン月間ランキング2位に

    2018.03.19 15:56
    뉴스 메뉴 보기
    TWICE(写真提供=JYPエンターテインメント)
    TOP