주요 기사 바로가기

第4次産業革命、ユニクロやZARAのようにやれば成功する(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.19 09:55
0
◇第4次産業革命

先週末、百貨店の広場で行われた在庫整理セールで服を買った。1カ月前まで数十万ウォンで売られていた冬物の服を5万9000ウォンで買った。我慢して季節が変わるのを待つ私のような人には儲けものに近い価格だ。しかし製品を生産・販売する人には涙の在庫整理だ。

あらゆる事業で、在庫を残さなければ成功だと言う。在庫は予測を誤って発生する。正確に予測できるならば在庫を残さずに利益を出すことができる。だが多くの会社は正確な予測ができないため在庫を残すことになり、結局在庫整理をするほかはない。しかし在庫整理をしない企業がある。アパレル業者のユニクロとZARAが代表的だ。

一般的な製品の生産と販売工程を見ると、企画、デザイン、生産、マーケティング、販売の順番で行われる。製品需要を予想して製品を企画・デザインし販売する。こうした製品はあらかじめ生産しておかなければならないため初期投資と在庫が多くなるほかない。製品が売れ使用者の反応が次の製品に反映されるまで相当な時間がかかるためだ。

◇市場予測、1年前vs1カ月前

衣類製品の場合、ほとんどが1年周期で製品フィードバックがなされる。消費者の要求事項をデザインに反映する期間はほぼ1年という話だ。このような製品の販売成果は正確な予測にかかっている。しかし予測というものは常に不正確なため結局在庫が積もり決算が終われば安売り販売をしなければならない。私のように待つ人には儲けものに近い消費だが生産者には涙の安売りだ。こうした在庫整理セールをユニクロやZARAでは見るのは難しい。在庫を残さないためだ。それならこの会社はどのようにして在庫を残さないのだろうか?

この会社は第4次産業革命という言葉が出る前から生産と販売工程を第4次産業革命の概念に合うように改善してきた。これらの会社にも既存の生産方式のようにすべての段階が存在する。ところが各段階が順番に流れるのではなく、円形に構成されて進行される。そしてその中央にはビッグデータ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)で構成されるデータセンターがある。

このデータセンターによってほとんどリアルタイムで各段階で起きる情報が相互「連結」され共有され「融合」される。マーケティング段階で収集される情報、販売される製品に対する消費者の反応、ASセンターに入ってくる消費者の不満事項が同時に共有される。企画とデザイン担当者はきょう現在の消費者の好みをリアルタイムで知ることになる。

例えば鍾路(チョンロ)の売り場では今週から赤い服がよく売れ、清潭洞(チョンダムドン)では黄色い服がよく売れる。すると素早くそれに合わせて供給する。随時変化する消費者のニーズを満たすために一度にあまり生産しない。多品種少量生産システムで運営するのだ。こうして売り場に到着した製品は1カ月前の消費者の好みを反映した製品だ。1年前の予測に基づいて作られた製品に比べ優秀な競争力を持つ。

売り場では1カ月前に売れた物はもう見られない。このようにすれば当然在庫ができない。在庫ができなければ成功だ。これがまさにユニクロとZARAが短期間で世界的企業に成長することになった理由でもある。このように消費者のニーズを直接生産に連結することがビッグデータ、AI、IoT技術だ。

◇企業関係者を不安にさせる第4次産業革命政策

「まったく何をすべきかわかりません。第4次産業革命に参加しなければ大変なことになりそうだが、概念も難しく、何をすべきかわかりません。政府もそうでだれも方向を教えてくれる人がいないです」。

最近講演会場で会った中小企業社長の話だ。企業の立場は理解できる。第4次産業革命を成長動力に掲げた文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足してから10カ月になるが、まだ具体的な推進戦略は見られない。政府の報告書を見るとビッグデータ、AI、IoT、自動運転、ドローンなどの技術を利用して革新しろと言う。

しかしこの技術をもって何を革新すべきかがわからない。企業の立場で考えてみれば第4次産業革命をなぜしなければならないのかわからないという言葉だ。これは目的と方法を区別しないためだ。多くのことには目的があり、それを達成するための方法が存在する。複雑なことであるほどこの2つを区分して考えれば方向が明確になる。

第4次産業革命が膾炙し始めてすでに2年が過ぎた。これまで私たちは先進国の事例を見て第4次産業革命に対する勉強をしてきた。2016年に第4次産業革命を提唱した世界経済フォーラム(WEF)のクラウス・シュワブ会長は「サイバーシステムと物理システムの統合」と定義した。モノとデータが融合し統合的に動くという意味だ。
第4次産業革命、ユニクロやZARAのようにやれば成功する(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP