주요 기사 바로가기

北「文大統領の親書受け取った金正恩…南北が満足する合意見た」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.06 10:09
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を首席とする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特別使節団が5日に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と会い南北首脳会談と関連した合意があったと北朝鮮国営メディアが6日に明らかにした。朝鮮中央通信は「金正恩同志が3月5日に平壌(ピョンヤン)に来た南朝鮮大統領の特使代表団構成員と接見した」と伝えた。

そして「(金正恩が)南側特使から首脳会談と関連した文在寅大統領の意向を伝え聞いて意見を交換し、満足する合意を見た。(金正恩が)該当部門でこれと関連した実務的措置を速やかに取ることに対する綱領的な指示をした」と報道した。しかし首脳会談の開催日と形式などと関連した具体的な内容は明らかにしなかった。青瓦台関係者は「(金正恩との面談で)結果があり、失望的なものではないと承知している」と話した。

通信はまた「(金正恩が)南側特使代表団一行と南北関係を積極的に改善させ、朝鮮半島の平和と安定を保障する上で起きる問題に対し虚心坦壊な談話を交わした」と付け加えた。

通信はしかし、非核化問題や米朝対話などと関連した内容は報道しなかった。鄭義溶室長は平壌に出発する前、「平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機に作られた南北間の対話と関係改善の流れを生かし、韓半島(朝鮮半島)非核化と真正で恒久的な平和を作ろうとする文在寅大統領の確固とした意志と考えを(北側に)伝える」と明らかにした。これに伴い鄭室長がこれと関連した立場を伝えたものとみられる。これに対し金正恩がどのような立場を明らかにしたのかは確認されていない。ただ北朝鮮メディアは、この日の接見で鄭義溶青瓦台国家安保室長が文在寅大統領の親書を直接伝達したと報道した。

通信は南側特使団が平昌冬季五輪に高位級代表団を含むさまざまな代表団を派遣し成功的な大会になるようにしたことに対し感謝を表明したと伝えた。

金正恩はこれに対し謝意を示し、「同じ血筋を分けた民族として同族の慶事を一緒に喜び助けるのは当然なこと。今回の冬季五輪競技大会がわが民族の気概と存在感を内外に誇示し、北と南の間に和解と団結、対話の良い雰囲気を設けていく上でとても重要な契機になった」と話したと通信は伝えた。

この日の接見には、鄭義溶室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長、千海成(チョン・ヘソン)統一部次官、金相均(キム・サンギュン)国家情報院第2次長、尹建永(ユン・ゴンヨン)青瓦台国政状況室長が参加した。北側からは金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長兼統一戦線部長と金正恩の妹である金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らが参加した。平昌冬季五輪開会式北側高位級代表団員として訪韓した金与正は先月10日に青瓦台で文大統領と会い金正恩の親書を伝え、南北首脳会談を提案した。

一方、この日特使一行は到着直後に宿所となる高坊山(コバンサン)招待所で日程協議を終えた後、金正恩との接見と夕食をすることにした。金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台報道官は6日、「接見と夕食は午後6時から10時12分まで4時間12分にわたり進められた。労働党本館にあるチンダルレ館で行われた」と明らかにした。この日接見に続いて行われた金正恩主催の夕食会には、接見に同席しなかった金委員長夫人の李雪主(イ・ソルジュ)と李善権(イ・ソングォン)祖国平和統一委員長、メン・ギョンイル統一戦線部副部長、キム・チャンソン書記室長も参加した。

金報道官が言及した労働党本館は金正恩の執務室がある労働党中央委員会の建物だ。平壌市中区域に位置する労働党の建物を韓国関係者が訪問したのは今回が初めてだ。金大中(キム・デジュン)元大統領を含め2度の南北首脳会談は迎賓館である百花園で行われた。韓国政府当局者は、「金正恩が北朝鮮住民らと自身の執務室の建物を背景に写真撮影をしたことはあるが、外部の人に公開したのは極めて異例。文大統領が先月10日に金正恩の特使である金与正労働党第1副部長一行と青瓦台で面談し礼遇したことに対するお返しの一環とみられる」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP