주요 기사 바로가기

強制徴用者の遺骨33柱が故国へ…ソウル市立墓地に安置

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.01 15:35
0
「私が死んだら故国に埋めてほしい」。

故国を懐かしく思いながら他国で亡くなった韓国人強制徴用犠牲者の遺骨が帰ってきた。28日午前、ソウル金浦(キンポ)空港に33柱の遺骨が到着した。東京東村山市の在日同胞のための寺に安置されていた遺骨だ。

「日帝強制労働者遺骸奉還委員会」の関係者らはソウル龍山(ヨンサン)駅強制徴用労働者像の前で遺骨を迎えて葬儀を行った。遺骨を載せた車両は龍山駅から南山(ナムサン)、崇礼門(スンネムン、南大門)、清渓川(チョンゲチョン)、タプコル公園鐘閣を巡り、1日に光化門(クァンファムン)に着いた。この日、光化門では宗教関係者および国家有功者の子孫が集まり、強制徴用者の国民追悼祭が開かれた。

昨年8月にも「日帝強制徴用犠牲者遺骸奉還」行事で強制徴用犠牲者の遺骨33柱を安置し、今回が2回目となる。

今回送還された遺骨33柱はソウル市立龍尾里第2墓地「建物式追慕の家」に安置される。昨年の1次送還と同じだ。来年もここに遺骨35柱が安置される。

ソウル市は日帝強制徴用犠牲者の遺骨33柱の安置を2日午後2時に龍尾里第2墓地公園で行う。宗教儀式を兼ねた安置儀式で進める予定だ。同日午前11時には光化門広場で「日帝強制徴用犠牲者遺骸奉還国民追慕祭」が行われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP