주요 기사 바로가기

<平昌五輪>ショートトラック失格判定に中国で怒りの声…「韓国、4年後の北京で見てろ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.22 08:20
0
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子ショートトラック3000メートルリレーで中国代表チームが失格判定を受けたことに対し、中国で怒りの声が高まっている。

中国は今回の五輪で金メダルを一つも獲得できず低調な成績が続く中、20日夜に行われた女子ショートトラックリレーに初の金メダルの期待がかかっていた。国営中国中央テレビ(CCTV)は「中国代表チームが決勝に進出し、金メダルに向かって進撃している」という速報文字メッセージを送り、視聴者の応援を呼びかけた。

競技で中国チームは2位でゴールインしたが、審判の判定の結果、失格処理された。すると中国体育界とメディアはもちろん、ネットユーザーまでが一斉に判定の公正性に疑問を提起し、怒りを表出した。CCTVが「銀メダルを奪われた」と報道したのをはじめ、共産党機関紙の人民日報と国営新華社通信のほか主要ポータルサイトまでが21日、中国リレーチームの失格判定に関する記事をメインニュースで報じた。

中国チームの李監督が「審判の判定も一致しなかったため判定に抗議したが受け入れられなかった。今回の対戦は理解できない部分がある」と判定に疑問を提起するインタビュー映像はCCTVを通じて繰り返し放送された。李監督は「我々は公平な競技場を望む。どのチームも公平で公正な待遇を受けなければいけない」と訴えながら目に涙を浮かべた。人民日報は「李監督が中国代表団の首脳部と協議し、今回の競技の処罰基準は公正でないという点を正式に提訴することにした」と伝えた。

環球時報は「中国チームは失格判定を受けたが、その前に韓国選手が転倒してカナダ選手の進路を妨害した行為は失格判定を受けなかった」とし、判定の公正性に疑問を提起した。続いて「今回の五輪ショートトラック競技で34回の失格判定が出たが、中国チームが最も多い失格判定を受けた」とし「判定が中国チームに特に厳格に適用されている」と主張した。

中国ネットユーザーも激しい反応を見せた。中国版ツイッターのウェイボー(微博)では「ショートトラック女子リレー」がホットイシュー1位になり、決勝の映像の再生回数は21日午前現在2000万回を超えた。

一部のネットユーザーは金メダルを獲得した開催国の韓国に矛先を向けた。ウェイボーでは韓国を非難するコメントが10万件を超えた。あるネットユーザーは「韓国に有利な判定だった。4年後の北京オリンピックで見てろ」と書いた。

韓国代表のエース、崔ミン禎(チェ・ミンジョン)選手のインスタグラムに集まって鬱憤晴らしをするネットユーザーもいた。このため崔選手のインスタグラムは韓中のネットユーザーがお互いを非難するコメントで埋まった。

中国は4年前のソチ冬季五輪では金3・銀4・銅2のメダルを獲得、総合12位で韓国(13位)を上回った。しかし今回の平昌五輪では21日現在まで金メダルはなく銀5・銅2という成績にとどまっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <平昌五輪>ショートトラック失格判定に中国で怒りの声…「韓国、4年後の北京で見てろ」

    2018.02.22 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    20日、江陵アイスアリーナで行われた平昌冬季オリンピック女子ショートトラック3000メートルリレーで、韓国のキム・アランがキム・イェジンを押し出す時に転倒している。
    TOP