주요 기사 바로가기

韓経:「雇用守護者になる」というGM…「腐った資金」2兆ウォン出し1兆ウォンの新規資金要求=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.21 11:23
0
「韓国に残りたい(We would like to stay in Korea)」。

米ゼネラルモーターズ(GM)のバリー・エングル海外事業部門社長が20日に国会で与野党議員と会い投げかけた最初の言葉だ。新車を投じてコスト費用削減などを通じ韓国GMを再建させると強調した。ただ韓国政府と2大株主である産業銀行の支援が必要だとした。韓国GMの経営正常化のために投じなければならない資金は3兆ウォン以上と推定された。問題は支援方式だ。GMはこれまで韓国GMに貸し付けた資金を出資に転換する方式で増資に参加し、産業銀行には有償増資を通じた新規資金投入と貸付再開などを要求したとされ議論は避けられない見通しだ。

◇新車投じるのに…

エングル社長はこの日与野党議員との面談で韓国GMを正常化するという意志を示した。「数十万人の雇用の守護者になりたい」ともした。韓国GM再建に向けたビジョンも提示した。新車を割り当てて中長期収益源を用意し、コスト削減を通じて体質を改善するという計画だ。エングル社長は「新車2種を富平(プピョン)第1・第2工場と昌原(チャンウォン)工場に配置する可能性がある。これを通じ年間生産台数50万台水準を維持するよう努力したい」と明らかにした。続けて「収益を出す構造に変えなければ残ることはできない」としてコスト削減案推進も示唆した。韓国GMは2014年から昨年まで4年間に3兆ウォンに達する累積損失を出している。

GMは韓国GMに小型スポーツ多目的車(SUV)「トラックス」の後続モデルと、次世代クロスオーバー多目的車(CUV)を割り当てることを検討中だ。トラックスは昨年26万台が輸出されたモデルだ。GMは韓国GMの生産能力を年91万台から年50万台と半分ほどに減らして稼動を維持する方針だ。ある自動車部品メーカー代表は「新車を割り当てるということは開発に2~3年、量産5年を合わせ、最小7年以上工場を稼動するという意味」と話した。

しかしエングル社長は群山工場閉鎖計画撤回に対しては線を引いた。撤回の可能性を問う議員の質問に「ノー」と言い切った。続けて「群山工場買収希望者がいれば積極的に交渉する」と話した。富平第1・第2工場と昌原工場、保寧(ポリョン)工場はそのまま運営するが群山工場だけ個別に分離売却するという話だ。

◇洪永杓議員「GM、出資転換の意志明らかに」

エングル社長は面談の末に骨のある言葉を残した。エングル社長は「(韓国政府と産業銀行、労組など)すべての利害関係者の協力と支援を望む」とした。

GMは韓国政府に韓国GMに対する▽3兆ウォン前後の増資に参加(産銀5000億ウォン)▽数千億ウォン規模の貸付再開▽税金減免――などを要求している。ロイター通信によると韓国GMは本社に対する負債約3兆4000億ウォンのうち22億ドル(約2兆3600億ウォン)を株式化する出資転換方式の増資を推進すると提案した。「共に民主党」の洪永杓(ホン・ヨンピョ)議員も「GMが韓国GMに貸し付けた3兆ウォン台の資金を出資転換を通じて解決する意向を明らかにした」と話した。またGMが韓国に要請した支援金額は総額10億ドル(約1兆700億ウォン)に達するとロイター通信は伝えた。産業銀行の有償増資参加(5000億ウォン前後)と貸し付け、韓国政府の税金減免などを合わせた金額と分析される。

だがGMがこうした方式を通じて新規資金を韓国GMに投じるかは確実でない。債権を出資転換する方式で増資に参加すれば韓国GMの財務構造は良くなるが、運営資金がぎりぎりの会社の環境を改善するのには限界がある。こうした状況で産業銀行が増資に参加し貸し付けも再開すれば新規資金はすべて韓国側が負担することになる。結局GMは新規資金を投入せずに不良債権をなくし、産業銀行にだけ新たな資金を出せということになり激しい議論が起きると予想される。業界関係者は「GMが腐った資金(返済を受けるのが難しい貸付金)だけ出資転換して新規資金を入れないならば韓国政府も支援の名分を確保しにくいだろう」と話している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:「雇用守護者になる」というGM…「腐った資金」2兆ウォン出し1兆ウォンの新規資金要求=韓国

    2018.02.21 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    <与野党指導部と会ったエングル社長>GMのバリー・エングル総括副社長兼海外事業部門社長(左から2人目)とカハー・カゼム韓国GM社長(3人目)が20日に国会を訪問し禹元植共に民主党院内代表(4人目)、金聖泰自由韓国党院内代表(1人目)、魯会燦正義党院内代表(5人目)ら与野党院内指導部と面談するのに先立ちあいさつを交わしている。
    TOP