주요 기사 바로가기

韓国GMの輸出の3割が2年後に中断…富平・昌原工場にも飛び火

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.20 15:47
0
韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖発表による波紋が広がっている。民主党韓国GM対策タスクフォース(TF、作業部会)は20日午前11時30分、アングルGMインターナショナル社長など米ゼネラルモーターズ(GM)本社関係者に会う。韓国政府も企業の実態を把握する調査をするために韓国GM実務陣との協議に入っている。共に民主党・自由韓国党・正しい未来党など主要政党も19日、一斉に党レベルで議論を始めた。

アングル社長がまた訪韓した理由は、韓国政府が韓国GMに対する支援を決めるうえで与党の支援を受けるためと解釈される。アングル社長は2回の訪韓で政府・仁川市の関係者に会った。

北米・中国を除いたGMグローバル事業場を総括するGMインターナショナルのトップが今年に入って3回も訪韓したのは、GMが定めた期間が迫っているからだ。アングル社長は13日、群山工場の閉鎖を決め、「2月末まで利害関係者との議論を続け、意味のある進展がなければいけない」と述べた。「意味のある進展」がなければ追加のリストラがあるということだ。追加リストラの輪郭が表れている。

オペル自動車のロシェラー最高経営責任者(CEO)は昨年11月、輸入縮小を含む「オペル復活3大戦略」を発表した。特にロシェラーCEOは韓国GMから輸入する小型車「スパーク」と小型SUV「トラックス」に言及し、「韓国GMの2カ所の工場(富平・昌原)から輸入する車がオペルの全体生産量の10%にのぼるが、これは良くない事業(not a good business)」と評価した。

GMは系列会社オペルとボクスホールを通じて「スパーク」「トラックス」を販売してきた。昨年プジョーシトロエングループ(PSA)にオペルを売却したが、その後も依然としてオペル・ボクスホールはこの車を韓国GMから輸入して販売している。ロシェラーCEOは2020年まで海外輸入台数を最大20万台縮小すると明らかにし、「韓国での生産分を欧州で生産すればオペルの流動性を管理するのに有利であり、収益性も高め、雇用も増やすことができる」と話した。

結局、韓国GMの昨年の全体輸出(52万台)のうち32%(16万台)を占めていた欧州向けが抜ければ、韓国GMは追加リストラを断行するしかない。特に昌原(チャンウォン)工場は「ダマス」「ラボ」など軽商用車生産台数(7万5000台)よりも欧州に輸出する「スパーク」(13万5000台、64%)生産台数が多い。富平(プピョン)工場もオペルに「トラックス」(現地名「モカ」)を輸出している。

ひとまず韓国GMは労働組合と進行中の2018年賃金および団体交渉を2月末までに急いで終えるという立場だ。韓国GMは「2月末-3月初めにGMが全世界事業場の新車生産物量を配分する。その前にGMと労組が協力してコスト削減案を出しておけば、GMも韓国GMに新車を配分するだろう」と期待を表した。

韓国GMは労組との交渉が円満に終わる場合、2車種の新車物量の配分をGMに要求している。一つは韓国GM研究開発陣が開発中のシボレーブランドの次世代小型SUV後続モデルだ。すでにGM本社から開発許可を受けているため、これを韓国生産ラインで量産するよう説得するという戦略だ。ただ、現在の状況でGMが韓国から完全撤収する案は議論されていないという。最近のグローバル規模のリストラで韓国の代わりとなる軽自動車・小型SUV生産基地がないからだ。「トラックス」「スパーク」は韓国GM技術研究所が主導的に開発したモデルだ。ソン・テユン延世大経済学部教授は「GMは生産性が高い工場を中心に生産戦略を再編するだろう」とし「韓国GMの労使はその対策を用意する必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国GMの輸出の3割が2年後に中断…富平・昌原工場にも飛び火

    2018.02.20 15:47
    뉴스 메뉴 보기
    韓国GMのイム・ハンテク労働組合委員長、キム・ジェホン群山支会長(左から)ら労働組合員が19日、国会を訪問し、GM群山工場閉鎖決定に関連して張秉浣(チャン・ビョンワン)産業通商資源中小ベンチャー企業委員長(真ん中)と面談している。
    TOP