주요 기사 바로가기

<平昌五輪>韓国女子カーリング、日本に5-7で惜敗…予選初日1勝1敗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.16 08:40
0
第9エンド最後のワンショットが惜しかった。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)カーリング女子で韓国(世界8位)が日本(6位)に惜しくも敗れて予選初日の戦績を1勝1敗で終えた。

韓国は15日、江陵(カンヌン)カーリングセンターで開かれた平昌五輪カーリング女子の予選第2戦で日本に5-7で惜敗した。金栄美(キム・ヨンミ、リード)、金善英(キム・ソニョン、セカンド)、金敬愛(キム・ギョンエ、サード)、金恩貞(キム・ウンジョン、スキップ)が息を合わせた韓国は、この日午前に開かれた第1戦で世界1位のカナダを8-6で破った。だが、その勢いを次の日本戦に活かすことができなかった。一方、日本はこれで3連勝となった。カーリング女子予選はラウンドロビン(総当り方式)で行われる。

2チームは中盤まで抜きつ抜かれつする接戦だった。日本は第1エンドで1点を先取したが、韓国が第2エンドで2得点を上げて点数をひっくり返した。その後はスチール(先攻チームが得点すること)なく後攻チームが1点ずつ追加していった。4-3でリードしている状況で、韓国は先攻の第7エンドで1点を獲得してそのまま雰囲気を持っていくかのように見えた。日本が自身のガードストーンを取り除いたためだった。しかし韓国も失敗を犯した。第9エンドで2点以上の得点が期待されたが、最後のショットをミスし、むしろ日本に逆転された。スキップの金恩貞の最後の投球がハウスをそのまま通過したせいで2点を相手に与えた。韓国は第10エンドでも1点を日本に与え、そのまま敗れた。

試合が終わった後、金敬愛は「残りの試合では相手が誰か意識せずに自分たちのプレーに集中する」と話した。女子カーリングチームは午前0時近くに試合が終了したが、選手村に戻らずにすぐ次の試合のための訓練に入った。今大会では10組の出場チームが予選で一回ずつ総当りした後、上位4組がプレーオフに進出する。同率である場合は、得失や多得点に関係なく、タイブレーカーによる試合が行われる。韓国は16日午後2時5分、予選第3戦となるスイス戦に臨む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP