주요 기사 바로가기

李在鎔副会長が復帰したサムスン「大規模な半導体投資」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.07 08:57
0
サムスン電子が数十兆ウォンを投入して京畿道平沢(ピョンテク)半導体団地に第2生産ラインを建設する。李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の経営復帰後に初めて出てきた大規模な投資計画だ。延期されてきたサムスン金融系列会社の人事も近く決まる。サムスン式「スピード経営」がまた始まったという評価が出ている。

サムスン電子は7日、金己男(キム・ギナム)半導体・部品部門長、キム・ヒョンソク消費者家電部門長、高東真(コ・ドンジン)IT・モバイル部門長の3部門代表が集まる経営委員会を開き、こうした内容の投資の件を決定する。経営委員会は取締役会の傘下に構成された組織で、M&A(企業の合併・買収)や大規模な投資などについて議論する。匿名を求めたサムスン電子関係者は「この日の会議で大規模な半導体投資を決めることになるだろう」と明らかにした。平沢第2生産ラインは来年上半期の完工を目標に進められる。投資規模は第1生産ライン投資金額と似た最大30兆ウォン(約3兆円)規模になる見込みだ。

今回の投資はサムスン電子が以前から検討してきた事案だ。しかし李副会長が釈放されてから2日後に推進案を具体化するということに意味がある。李副会長の釈放後、サムスンが「経営正常化」に拍車を加えているという信号だ。

尹富根(ユン・ブクン)サムスン電子副会長はこの日、ソウル中区の大韓商工会議所で開かれた白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官の講演会の後、記者らに対し「これからスピード経営のためにさらに力を注ぐ必要があると考えている」と述べた。

李副会長が収監されていた過去1年間、大規模な投資やM&Aが事実上中断するなど経営の空白があったという点を考慮し、今後、攻撃的に事業を推進するという意思を明らかにしたと分析される。

匿名を求めたサムスン電子関係者は「李副会長は対外的に姿を現すことをしばらく自制するとみられる」とし「ただ(半導体生産設備)追加投資決定の過程には李副会長が直接・間接的に参加することになるだろう」と話した。

サムスン生命・火災・カード・証券の金融系列4社の最高経営責任者(CEO)も早ければ今週中に決まると予想される。

また金融系列を代表するサムスン生命には保険・証券・カードなど金融系列会社を率いるタスクフォース(TF)が新設される。サムスングループは今後、電子-非電子-金融という3つの小グループ体制を形成し、TFがコントロールタワーとなって系列会社間の調整をする見通しだ。

キム・ヨンイク西江大経済学部教授は「李副会長の主導でグループの安定化と半導体好況後に対応したM&Aを積極的に進めていくだろう」という見方を示した。

一方、米格付け機関ムーディーズは6日、李副会長の釈放がサムスン電子の信用度にプラスに作用すると評価した。ムーディーズはサムスン電子の無担保社債に対する格付け見通しを「肯定的(ポジティブ)」に維持した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李在鎔副会長が復帰したサムスン「大規模な半導体投資」

    2018.02.07 08:57
    뉴스 메뉴 보기
    李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長。
    TOP