주요 기사 바로가기

韓国、世界輸出市場1位製品71品目で13位…日本は?

ⓒ 中央日報日本語版2018.02.07 06:37
0
世界輸出市場で韓国がシェア1位を占める製品の数が2016年基準で71品目であることが分かった。

6日、韓国貿易協会国際貿易院が発表した報告書「世界輸出市場1位品目から見た韓国輸出の競争力現況」によると、韓国は2016年基準で71品目の1位製品があり、世界で13番目に位置する。これは2015年より3品目増えた結果で、順位も14位から13位にワンランクアップした。

だが、まだ韓国は主要競争国に比べて世界輸出市場で優位を占める品目が少ないことが分かった。1位を占めた中国は1693品目が1位を占めており、ドイツが675品目、米国が572品目で後に続いた。日本は178品目で5位を記録、世界輸出市場1位製品が韓国より2倍以上多かった。

品目別では、韓国の71品目のうち化学製品が25品目で最も多く、続いて鉄鋼製品が15品目となっている。しかし、71品目の1位製品のうち47品目で中国、日本、米国、ドイツなどがシェア2位を記録し、このうち韓国とのシェア格差が5%未満の製品も16品目にのぼり、韓国製品の競争力確保が切実であることが分かった。

ユ・ソギョン研究員は「グローバル輸出市場1位製品は本当の意味で対外競争力確保を象徴する」とし「輸出品の高付加価値化や差別化などを通して1位製品数をさらに増やしていかなくてはならない」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP