주요 기사 바로가기

<平昌五輪>南北ホッケー用語に慣れながらチームワーク…日本に7戦全敗の韓国「今度は違う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.30 09:18
0
28日晩、忠清北道鎮川(ジンチョン)国家代表選手村でサプライズ誕生日パーティーが開かれた。南北女子アイスホッケー合同チームの選手たちがケーキを持って北朝鮮の主将チン・オクさんの誕生日を祝うパーティーを開いたのだ。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)に出場する南北女子アイスホッケー合同チーム選手団の雰囲気を見せる場面だ。南北の選手は28日から4-6人用の食卓に一緒に座って食事をしている。南北の選手は年齢の話をしながら自分が先輩だと言って笑い、トッポッキを分け合って食べたりもした。合同チームは韓国選手23人に北朝鮮選手12人が加わって構成されているが、28日の最初の合同練習ではライン(5人)ごとに北朝鮮選手1人が投入されて息を合わせた。

大韓アイスホッケー協会は南北のホッケー用語が異なる点を考慮し、英語と韓国語、北朝鮮式用語を表記した紙を選手に配った。ヤン・スンジュン大韓アイスホッケー協会オリンピック団長は「南と北の用語は異なるが、理解できない言葉ではない。お互いの用語に慣れて打ち解けている」と伝えた。現場を見たアイスホッケー界の関係者は「同じスポーツをする若い選手であるためか、かなり打ち解けているようだ。スポーツと政治は確実に違う」と話した。合同チームと日本の正面対決は平昌五輪のビッグマッチに挙げられる。グループリーグB組の合同チームはスイス・スウェーデン・日本と順に対戦する。

合同チームは特に2月14日に日本と予選最終戦の第3戦を行う。韓国と北朝鮮・日本はスポーツだけでなく政治的にも複雑な関係にあり、この試合にスポットライトが集まると予想される。日本女子アイスホッケー登録選手は2587人だが、韓国は319人にすぎない。世界ランキングも韓国は22位、北朝鮮は25位で、日本は9位だ。韓国は平昌五輪に開催国の資格で出場し、北朝鮮は合同チーム資格で加わった。一方、日本は自力で出場権を獲得した。

韓国は2007年の長春アジア競技大会で日本に0-29で惨敗した。昨年2月の札幌アジア競技大会では0-3で負けた。韓国は日本と7回対戦し、全敗している。得点はわずか1点で、106失点した。ヤン・スンジュン団長は「南北が力を合わせて一歩でも多く動く闘魂のホッケーをすれば勝算がないわけではない」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <平昌五輪>南北ホッケー用語に慣れながらチームワーク…日本に7戦全敗の韓国「今度は違う」

    2018.01.30 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    忠清北道鎮川国家代表選手村で28日、2018平昌冬季オリンピック南北女子アイスホッケー合同チームの選手たちが北朝鮮の主将チン・オクさん(28)のためにサプライズ誕生日パーティーを開いた。南北の選手らはケーキの前で誕生日を祝う歌を歌った。(写真=大韓体育会)
    TOP