주요 기사 바로가기

中国、グアム基地近くに超強力音波探知機…米原子力潜水艦を監視(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.23 15:30
0
中国が米軍基地が位置した西太平洋のグアム近くに超強力な音波探知機(SONAR)を設置して潜水艦の動向を偵察していると、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が23日、報じた。

SCMPによると、中国科学院は2016年から台風、地震などの発生や鯨の動向などを探知するために1000キロメートルの外でも音を聞くことができる超強力音波探知機をグアム近隣の2カ所で運営している。

音波探知機が設置されたところは西太平洋マリアナ海溝のチャレンジャー海淵とミクロネシア連邦共和国のヤップ(Yap)島近隣だ。チャレンジャー海淵は水深1万916メートルで、全世界で水深が最も深い海だ。チャレンジャー海淵はグアムから南西に300キロメートル、ヤップ島は500キロメートル離れており、2カ所いずれもグアムとパラオ共和国の間に位置する。

SCMPはこの音波探知機は表面では科学的な目的を前面に出しているが、実際にはグアム米軍基地にある潜水艦の動向を監視するためのものだと軍事専門家たちを引用して分析した。

グアムには西太平洋最大の米軍基地が位置しており、太平洋艦隊所属の潜水艦の補給および整備基地の役割を果たしている。グアム基地にはオクラホマ、シカゴ、キーウェスト、トピカなどで構成されたロサンゼルス級原子力潜水艦編隊がある。

中国が設置した音波探知機はこの米軍潜水艦が南シナ海に進む海路近くに位置している。この音波探知機は潜水艦が動く音や潜水艦と司令部の間の通信内容を盗聴した後、これを海底ケーブルを通じて海水面の小さい浮漂に送る。この浮漂には衛星と通信する装置があり、盗聴内容を中国軍基地に送ることができる。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のジェームズ・ルイス上席副所長は「すべての強大国は海底に対潜水艦作戦に向けた音波探知機を設置しておいた」とし「中国がこれを運用するというのはもう中国が強大国になったという意味」と話した。米国の場合、弾道ミサイルを搭載したロシア潜水艦の動向を監視するためにロシア周辺に集中的に音波探知機を設置しておいた。
中国、グアム基地近くに超強力音波探知機…米原子力潜水艦を監視(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP