주요 기사 바로가기

ソウル市、粒子状物質を減らすために数十億ウォンを投じて交通費無料政策を展開したが…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.16 16:03
0
粒子状物質の非常低減措置によって公共交通を無料で利用できる15日午前8時、ソウル貞陵(チョンヌン)から龍山区(ヨンサング)を行き来する市内バス110Bバス。30代男性が「粒子状物質割引」という黄色文字が記された端末機に交通カードを触れると画面に料金が0ウォンと出た。この男性は「粒子状物質のためにソウル市内の公共交通料金が無料ということを昨日あらかじめ聞いた。月曜日に力が出る」と話した。

同じ時刻、地下鉄では公共交通の無料利用に半ば疑う人々が目についた。交通カードも普通のように利用し、乗客数も大きく増えなかった。地下鉄案内員は「無料乗車の手続きを尋ねる乗客だけが時々あった」と話した。会社員のキムさん(33)は「良いことだが、バス・地下鉄を無料で運行するからといって車を利用していた人々が公共交通に乗るかは疑問」と話した。

ソウル市の粒子状物質非常低減措置で公共交通が無料で運行された初日である15日、その効果が大きくなかったことが分かった。この日、地下鉄の利用乗客は前週月曜日(8日)より2.1%増加して市内バス乗客は0.4%増えた。セムナン路など、ソウル市内の主要14地点の交通量を分析した結果、出勤時間帯(午前6時~9時)の市内進入車両が前週より1.8%減った。普段より公共交通の利用客が20%程度増えると予想したソウル市の期待とはかけ離れた数値だ。

市民たちも政策の趣旨に共感しながらも効果に疑問を示した。体感とかけ離れているが、税金で数十億ウォンの交通費を支援する必要があるかとの指摘が多かった。瑞草区(ソチョグ)に住んでいるパク・ミンジョンさん(30)は「当然支払うべき公共交通料金をソウル市が払うことに対して役立つというよりは、なぜ払ってくれるのかという気がした」とし「個人には少ない金額だが、これを合わせれば莫大な税金なのにいっそ生活が厳しい人のために使うか、環境改善事業に使ってほしい」と話した。

ソウル市は公共交通の無料利用にともなう費用の負担額を一日で最大60億ウォン(約6億2530万円)程度と予想している。2016年の状況を仮定する場合、非常低減措置の基準を適用すれば、7日で計算して420億ウォン程度がかかる。このため、一部では「地方選を控えたポピュリズム」という主張まで提起されている。これに対してソウル市関係者は「昨年からすでに予告された政策」としながら「粒子状物質に対する警戒心を高めれば、長期的に効果が出るだろう」と反論した。ソウル市のクォン・ミン大気政策課長は「蘆原(ノウォン)資源回収施設の稼動率を半分に引き下げるなど、ソウル市傘下の12大気排出施設の粒子状物質発生量を15%削減した。公共交通の無料利用が定着すれば、市民自ら車両2部制に参加する効果をあげることができるだろう」と話した。


ソ䖃ル市、粒子状物質を減らすために数十億ウォンを投じて交通費無料政策を展開したが…(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル市、粒子状物質を減らすために数十億ウォンを投じて交通費無料政策を展開したが…(1)

    2018.01.16 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    中国発粒子状物質の影響で15日、首都圏に今冬に入って2回目の「粒子状物質非常低減措置」が発令された。PM2.5(微小粒子状物質)数値が悪いと予想されることで発令されたこの措置でソウル市内公共機関の駐車場の閉鎖と官用車量2部制が実施された。また出勤・退勤時間にソウル市内バスと地下鉄が無料運行された。写真はこの日午前、粒子状物質に覆われた仁川空港第2ターミナル係留場。
    TOP