주요 기사 바로가기

ソフトバンク孫正義のとどまることのない野望(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.16 10:50
0
ソフトバンクグループの孫正義会長の出発は掘っ立て小屋だった。祖父は日帝強占期に炭鉱労働者として朝鮮から日本に来た。

父親は中学校を卒業すると同時に暮らすため手当たり次第に働かなければならなかった。1957年に孫会長が生まれた時に家族は佐賀県で無許可の掘っ立て小屋で暮らしていた。

いまでは天と地ほどの違いだ。2018年基準で孫会長は日本で3本の指に入る大富豪だ。

ブルームバーグが評価した孫会長の財産は146億ドルに達する。現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長の54億ドルよりはるかに多い。

孫会長の野望に終わりはない。彼の表現を借りるなら「天下制覇」が目標だ。

今回は東京証券取引所で新たな記録に挑戦する。通信子会社であるソフトバンクの上場だ。単純に一企業が証券市場で取り引きされる次元ではない。

日本経済新聞によるとソフトバンクは早ければ今春に上場を申し込み、秋に完了することを目標にしている。

上場に先立ち会社の株式を投資家に販売する企業公開(IPO)を実施する。規模は2兆円だ。日本のバブル経済がピークに達した1980年代後半以降約30年ぶりに最大規模のIPOになる見通しだ。

現在東京証券市場にはソフトバンクグループが上場されている。グループ本社であり持ち株会社だ。子会社であるソフトバンクの株式の99.99%を持っている。このうち30%を投資家に売るという計画だ。

このニュースが伝えられると15日の東京証券市場でソフトバンクグループの株価は一時6%以上値上がりした。終値は前日より3.22%上がった9223円だった。上場株式数に株価をかけた時価総額は10兆円を超えた。

孫会長の構想にはハードルがある。東京証券市場の規定に合わない。東京証券市場には子会社が上場する場合、親会社の持ち株比率は65%を超えてはならないという規定がある。

それでもあきらめる孫会長では決してない。例外規定を見つけ出した。海外証券市場への同時上場だ。孫会長が選択したのはロンドンだ。ソフトバンクがロンドン証券市場の上場企業になれば持ち株比率制限の例外規定が適用される。それこそ「孫正義スタイル」だ。

上場で調達した資金をどこに使うのか? 日本メディアはソフトバンクグループの有利子負債が昨年9月基準で14兆円に達することに関心を持っている。これに対し会社関係者は日本経済新聞とのインタビューで「調達資金は負債の返済ではなく、海外のIT企業への出資などに充てる」と話した。
ソフトバンク孫正義のとどまることのない野望(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP