주요 기사 바로가기

<南北会談>牡丹峰楽団団長、軍服でなく紺のスーツ姿で出席…ブランド品推定バッグも

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.16 11:21
0
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)への北朝鮮芸術団派遣問題を議論するための南北実務協議が行われた15日午前10時の板門店(パンムンジョム)。北側地域の建物の統一閣に南側代表団が入ると、北側代表団が握手をしてきた。北側代表団の2番目、すなわち次席代表として立っていた人物は、今回の南北代表団のうち唯一の女性である玄松月(ヒョン・ソンウォル)牡丹峰(モランボン)楽団団長だ。北朝鮮が玄松月氏を次席代表に指名したのは、彼女に対する金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の信頼がそれだけ厚いという証拠だ。

玄松月氏の一挙手一投足は南側で関心の対象だ。玄松月氏もこれを意識したかのように服装にも気を配ったのが分かる。衣装には膝下までくる濃紺のスカートスーツを選んだ。人民軍大佐の玄松月氏は普段、公開的な席では軍服姿だが、協議に出席したこの日はスーツ姿だった。濃いアイラインに唇の化粧は薄いピンクで自然な演出をした。肩の線を越える長い髪は半分だけ束ね、前髪は右側に下ろしていた。スーツのジャケットには同じ材質の花の装飾と共に金日成(キム・イルソン)主席・金正日(キム・ジョンイル)総書記のバッジを付けていた。

玄松月氏が取り出したクラッチバッグはエルメスの製品ではないかというコメントもインターネット上で広まった。その通りなら価格は2500万ウォン(約260万円)ほどだ。玄松月氏は2015年に親善公演のため訪中した当時、軍服姿にシャネルのキルティングバックを持って登場した。

玄松月氏は性格が強いと知られているが、統一部がこの日公開した映像では温和な態度を維持した。南側代表団を迎える際、口元に笑みを浮かべながら「お会いできてうれしいです」と話す場面も映像に映った。その後、2階の会談場に移動して席に座ってからは南側代表団を正面から凝視した。

玄松月氏は2015年の訪中当時、中国側が公演の背景に登場する核・ミサイル発射場面などを問題視すると、「元帥様の作品は助詞一つ抜くことができない」と述べ、公演3時間前に突然キャンセルをした人物だ。

金正恩委員長の初恋の相手という噂もあるが、情報当局は「確認されていない話」と見ている。普天堡電子楽団出身の玄松月氏は「駿馬娘」など数多くのヒット曲を持つ人気歌手出身だ。

忠誠度が認められた玄松月氏は北朝鮮女性芸術家の中では珍しく出世街道を歩んでいる。昨年10月の労働党第7回2次全員会議で労働党中央委候補委員に選出された。「党が国家」である北朝鮮で230人にすぎない党中央委幹部の名簿に名を連ねたのだ。玄松月氏に対するこのような信頼の背景には金正恩委員長の「音楽政治」がある。金正恩委員長式の音楽政治を実現する組織の一つが玄松月氏が団長を務める牡丹峰楽団だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP