주요 기사 바로가기

<平昌五輪>北朝鮮の三池淵管弦楽団140人が韓国へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.16 08:11
0
南北(韓国・北朝鮮)が平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に140人規模の北朝鮮芸術団が参加することで合意した。また、芸術団は五輪が開催される江陵(カンヌン)とソウルで公演するという意見で一致した。北側芸術団の南側での公演は2002年8月の「民族統一大会」以来15年6カ月ぶり。また規模の面で歴代最大であり、地方で公演するのも今回が初めてとなる。

南北は15日午前10時から板門店(パンムンジョム)北側の統一閣で北朝鮮芸術団派遣のための実務協議を行い、こうした内容を骨子とする5項目の共同声明文(合意文)を発表した。この日の協議の過程で「北側は芸術団が板門店を通じてソウルと平昌に移動するという立場を伝え、輸送手段の支援を要請した」と、南側首席代表の李宇盛(イ・ウソン)文化体育観光部文化芸術政策室長が明らかにした。李室長は「南側もソウルから江陵までKTXで移動する案を北に伝え、北側芸術団の移動経路と公演日程、場所などは北側の事前点検団が点検した後に最終決定する」と説明した。

関心を集めた北側の「牡丹峰(モランボン)楽団」が訪韓芸術団に含まれるかどうかは明らかでない。李室長は「北側は『三池淵管弦楽団』を中心に代表団を構成することだけを明らかにし、牡丹峰楽団に関する具体的な言及はなかった」と説明した。北朝鮮は2000年代後半、三池淵楽団を設立して各種公演をしたが、三池淵管弦楽団は知られていない。このため三池淵管弦楽団が現在活動中の団体か、平昌派遣のために臨時に結成された組織なのかは明らかでない。北側は過去に南側に派遣する芸術団を構成する際、金星学院の学生などを集めて「平壌(ピョンヤン)芸術団」という名称を使用したことがある。政府当局者は「政府と江原道(カンウォンド)が北側に牡丹峰楽団を招請したが、北側はこれに言及しなかった」とし「牡丹峰楽団が含まれるかは芸術団の名簿を受けてこそ分かるだろう」と伝えた。

南側は会談で芸術団の公演内容を民謡や古典音楽で構成してほしいと要求し、北側は世界の名曲と民謡で構成すると答えたという。この日の会談には李室長を首席代表とする4人の南側代表とクォン・ヒョクボン文化省芸術公演運営局長を団長(首席代表)とする北側代表5人が出席した。特に北側代表として玄松月(ヒョン・ソンウォル)牡丹峰楽団団長が「管弦楽団団長」の資格で出席した。

南北はこの日、会談とは別に板門店連絡チャンネルを利用し、17日に芸術団を含む北側代表団の訪韓問題などを議論する次官級の実務協議を開くことにした。南北は17日の会談で代表団の移動経路と滞在地、共同入場などに関する議論を進める予定だ。平昌五輪には選手団と芸術団のほか、北側の高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団・応援団・参加団・テコンドー演武団・記者団など400-500人が訪問する予定だ。

◆南北実務協議の共同声明文の主要内容

・北朝鮮芸術団として三池淵管弦楽団140人派遣

・北朝鮮芸術団が江陵・ソウルで公演

・早期の北朝鮮事前点検団派遣

・北朝鮮芸術団の安全と便宜の最大限保障

・板門店を通じて実務問題の協議を継続

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP