주요 기사 바로가기

【中央時評】ソウル五輪と平昌五輪(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.10 15:36
0
平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)が近づいている。世界の人々がもうすぐ平昌にやってくる。北朝鮮参加に向けた南北対話も進められていて希望と安堵がまず心を占める。しかし、張り詰めた核・ミサイル危機の真っ只中で開催される平和の祭典は心配と懸念をも同時に抱かせる。

特に、ソウル五輪が大韓民国、韓半島(朝鮮半島)と世界に及ぼした輝かしい成果と決定的な波及効果を考える時、平昌五輪以降の状況に対する希望と懸念の共存はいくらか複雑だ。オリンピックと北朝鮮問題、南北関係、核・ミサイル問題を考えるとなおさらだ。

北朝鮮のソウル五輪反対闘争は執拗だった。ソウル五輪の誘致が決定してから、北朝鮮のソウル五輪阻止外交闘争は総力的だった。外国秘密文書が示すように、ソ連・中国・東欧・東南アジア・アフリカ・中東・南米に至るまで、北朝鮮は関係を結んでいる国々に脅迫を含めて五輪不参加をしつこく要求した。ソ連・中国・東欧を含めたすべての国の参加に傾き、国際的な完敗が明らかになるや暴力行使も辞さなかった。五輪直前の年に敢行した、乗客115人全員を死亡させる大韓航空機爆破事件はソウル五輪の安全に対する最大の脅威だった。

しかし、ソウル五輪は国の開放と世界の受け入れを通じて、民主主義と国の力量と国際関係において、大韓民国が飛躍する重大な転機になった。誘致争いで日本をおさえた時、韓国国民が感じた清々しさは春風よりもさわやかだった。ハンガリーを筆頭に東欧諸国およびソ連・中国との修交はソウル五輪がなければ不可能だったか遅れていたに違いない。国力と国際関係で、北朝鮮を確実に上回ることになった契機もソウル五輪だった。ソウル五輪の成功に対抗しようと開催した平壌(ピョンヤン)世界青年学生祝典は北朝鮮に途方もない経済的負担だけを残してしまった。

何よりもソウル五輪は世界の冷戦終結と平和到来の決定的な転換点だった。冷戦で苦痛を受けた分断国家が世界に平和を取り戻した感動的な快挙だった。世界は2度の“半分オリンピック”を乗り越え、12年ぶりに再び一つになった。渾身の働きをした官民総力外交と合同努力の賜物だった。

先端施設と運営、江南(カンナム)の高層ビルと繁華街、乱れのない秩序、洗練された国際感覚と言語訓練…。世界主要国の仲間入りを果たした韓国の姿は、韓国に対する共産圏の既存イメージを一挙に払拭させた。韓国では韓国(朝鮮)戦争以降、強大だった反共・反ソ・反中イデオロギーが大きく弱まり、社会主義国家との関係改善の障害を取り除くことになった。


【中央時評】ソウル五輪と平昌五輪(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【中央時評】ソウル五輪と平昌五輪(1)

    2018.01.10 15:36
    뉴스 메뉴 보기
    【中央時評】ソウル五輪と平昌五輪
    TOP