주요 기사 바로가기

減少した中国人観光客…韓国、昨年11月のサービス収支33億ドルの赤字

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.05 15:16
0
半導体が主導する輸出好調によって経常収支が69カ月連続で黒字となった。だが、韓国人旅行客の海外旅行が増える一方で中国人観光客が減り旅行収支が悪化したため、黒字幅は減少した。

韓国銀行が5日に発表した「2017年11月の国際収支(暫定)」によると、昨年11月の経常収支は74億3000万ドル(8390億円)の黒字を記録した。黒字は2012年3月以降、69カ月連続となる。だが、昨年同月(80億3000万ドル)に比べて黒字幅は減った。

経常収支黒字規模の減少はサービス収支の悪化のためだ。昨年11月のサービス収支は32億7000万ドルの赤字を記録した。月間赤字規模で歴代最大だった昨年10月(35億3000万ドル)よりは少なくなったが依然として歴代4位水準だ。

韓国銀行は「国内旅行客の海外旅行が増える一方で中国人観光客の減少傾向が続き、旅行収支の不振が続いたうえに原油安によって中東地域の発注減による建設収支の黒字幅が縮小してサービス収支の赤字幅が拡大した」と説明した。

THAAD(高高度ミサイル防衛体系)配備をめぐる中国との葛藤は解消されたが、実際には効果はそれほど大きく現れなかった。韓銀によると、昨年11月の中国人入国者数(29万9000人)は昨年同月に比べて42.1%減となった。今後の状況はやや好転する見込みだ。

韓銀は「昨年11月末、中国の韓国行き団体観光客の一部許容措置がとられたうえ、中国人入国者数の減少率が昨年7月(-69.3%)以降、徐々に鈍化している」とした。

世界経済の好調と半導体の勢いで商品収支は114億6000万ドルの黒字を記録した。輸出(514億8000万ドル)は昨年同月に比べて11.3%増え、この傾向は13カ月連続となる。

一方、韓国人の海外投資は27億8000万ドル増え、外国人の韓国投資は28億5000万ドル増加した。韓国人の海外証券投資は48億3000万ドルを記録し、2015年9月以降27カ月連続の増加となる。韓銀は「世界の景気回復に対する期待によって海外株式投資が増え、機関投資家を中心に海外債券への投資が続いている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    減少した中国人観光客…韓国、昨年11月のサービス収支33億ドルの赤字

    2018.01.05 15:16
    뉴스 메뉴 보기
    韓国人の海外旅行増加などで昨年11月サービス収支が32億7000万ドルの赤字を記録した。写真は昨年7月の仁川国際空港旅客ターミナルの様子。(写真=中央フォト)
    TOP