주요 기사 바로가기

韓国カーレースの歴史になったリュ・シウォン、21年間に106回疾走(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.27 13:14
0
1/3
俳優兼レーサーのリュ・シウォンは第1世代の韓流スターだ。国内で大会がある時は100-200人の日本ファンがレース場を訪れる。日本で開催されるレースでは3000人以上の観客が集まった。国内での芸能活動は減ったが、日本では時々ファンの前に姿を見せている。
公認レースだけで106回。俳優兼カーレーサーのリュ・シウォン(45)が21年間に築いた大記録だ。1987年に韓国にカーレースが導入されてから30年間、公認レースに100回以上も出場したドライバーはリュ・シウォンを含めて7人。一人のドライバーが年間に10レースほど出場するという点を考慮すると大変な記録だ。20年以上も活動する国内のドライバーは10人にもならない。リュ・シウォンを韓国モータースポーツの「生きた伝説」と言える理由だ。

リュ・シウォンは最近、意味のある2つの賞を受けた。まず20日の大韓カーレース協会(KARA)年末授賞式で公認100レースを超えたドライバーに授与される「今年の記録賞」だ。もう一つは韓国モータースポーツ30周年を記念して制定された「特別功労賞」ドライバー部門(共同受賞者キム・ウイス、イ・ジェウ)だ。

初期にはリュ・シウォンに「芸能人レーサー」という札がついた。リュ・シウォンは「『趣味でする程度のレベル』という皮肉と無視に苦しんだ」とし「今は誰も私を『芸能人レーサー』と言えないはず。1994年に俳優としてデビューし、レーシングは96年からした。私にとってレーシングは単なる趣味ではなくもう一つの職業」と強調した。

1997年にレーシングドライバーのライセンスを取得したリュ・シウォンは98年、プロレーシング(ツーリングBクラス)に足を踏み入れた。2000年には俳優イ・セチャン(47)が結成した芸能人レーシングチームR-STARSに合流し、メインドライバーになった。2006年にはスーパーレースツーリングAクラスで総合優勝もした。

リュ・シウォンは「2009年にR-STARSが難しい状況を迎え、チームを出た。いくつかのチームから入団の誘いを受けたが、自分のチームを作りたかった」と話した。リュ・シウォンは自分の誕生日(10月6日)にちなんで「チーム106」を結成した。リュ・シウォンは「ある衣類ブランドから運よく後援を受けることになり、チームの規模を拡大した」と伝えた。

リュ・シウォンはチームで「1人3役」をしている。チームを代表として運営する。また監督としてドライバーとスタッフを管理し、レース戦略を立てる。そしてドライバーとして走る。

放送活動計画もカーレース日程を先に確認した後に決める。リュ・シウォンは「一晩中撮影した翌日にレースに出ることも多い。チームを作ってから9年間、一度もレースを抜けたことはない」と語った。
韓国カーレースの歴史になったリュ・シウォン、21年間に106回疾走(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP