주요 기사 바로가기

「UAEに韓国産迎撃ミサイル試験場を推進」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.26 09:07
0
韓国政府がアラブ首長国連邦(UAE)政府とミサイル迎撃システムを含む先端武器体系分野で軍需産業協力の強化を進めていると25日、UAEの首都アブダビ現地で接触した消息筋が伝えた。

この消息筋は「韓国型ミサイル防衛(KAMD)システムの一環として開発中の『ミサイル迎撃システム』のUAE現地テストを含む両国国防協力の議論が急速に進んでいる」と説明した。

軍は北朝鮮のミサイル挑発に関連し▼発射前はキルチェーン(韓国型攻撃型防衛システム)▼発射後はKAMDを通じた迎撃▼ミサイル打撃被害後はKMPR(大量反撃報復)--の3軸体系の早期構築を進めている。3軸体系のうちKAMDは低層で迎撃する米国産パトリオットシステム(PAC2・PAC3など)と国産地対空ミサイル(M-SAM、天弓改良型)、中高度で阻止する長距離地対空ミサイル(L-SAM)で構成される。

このうちKAMDに関連して韓国・UAE間の協力が可能な分野には、高度20-40キロで敵の弾道ミサイルを迎撃する地対空ミサイル(M-SAM)が挙げられる。KAMDの核心武器体系であるうえ、先月の韓国防衛産業推進委員会で量産を決めたからだ。高度60キロまで防御する長距離地対空ミサイルは2022年を目標に開発中であり、まだ初期段階だ。

アブダビ現地消息筋は特に「韓国・UAE間のミサイル防衛産業協力に関する協議はほぼ最終最後」とし「韓国が推進するKAMDの核心である迎撃ミサイルの現地テストをUAEで実施することについて議論が加速している」と述べた。また「国内のミサイル試験場はUAEの広い砂漠地帯よりも狭く、近隣住民の騒音被害も懸念されるが、UAEは条件がよく、米国製迎撃ミサイルのパトリオットの運用経験も豊富だ」と明らかにした。

迎撃ミサイルに関し、政府関係者も「中距離地対空迎撃ミサイルは国内試験段階だけを終えた状況」とし「UAEで赤外線センサーテストなどをすることになれば海外進出にもプラスになるだろう」と話した。軍需企業の関係者は「政府が迎撃ミサイルの性能テストなどをUAEとの核心軍需産業協力レベルで推進するのは事実」とし「ただ、どこまで進行しているかは把握していない」と伝えた。この関係者は「中東国家との防衛産業協力は特に敏感な事案であり、両国の政府は公式的に確認しない」と話した。

これに関連し、11月4日にUAEを訪問した宋永武(ソン・ヨンム)国防長官は帰国3日後の7日、中距離地対空ミサイルを量産することに政策方向を修正した。当初、宋長官は「迎撃ミサイルよりは攻撃用が重要だ」として中距離地対空ミサイルなどの量産を見直すべきだという指示を出していたが、時期的にUAE訪問後に立場を変えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP