주요 기사 바로가기

【取材日記】文大統領の訪中冷遇後に青瓦台の「カップラーメン」広報

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.19 14:12
0
「何よりも国民の心をつかむことが外交の本質だ」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が16日に終わった3泊4日間の中国国賓訪問を準備しながら参謀陣にした話だという。14日午前、中国側のあいさつなしに訪問して「一人飯」をした北京の食堂「永和鮮漿」に「文大統領メニュー」が登場したという。中国国民の心をつかんだ結果なのかもしれない。

だが、国賓という韓国の大統領とその随行団が中国で相次ぎ一人食事をして大統領行事を取材する記者たちが暴行にあったことを見て韓国国民の心はどうだったのだろうか。いちいち数え上げることが恥ずかしいほど残念な姿が大陸で続いた。訪中の成果を論じることに先立ち、「我々が本当にその程度しかならない国なのか」という自問を繰り返した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は一人飯・冷遇という論争が負担になったのか、中国訪問が終わると遅まきながらもあらゆる論理で釈明に出た。帰国の途に飛行機で青瓦台高位関係者は先月7~8日に訪韓していたドナルド・トランプ米大統領とに関して「トランプ大統領も我々と一度食事をした」とした。だが、事実ではなかった。当時、青瓦台は韓米同盟レベルで当初予定になかったが文大統領が平沢(ピョンテク)米軍基地まで行ってトランプ氏と昼食を取ったと説明した。国賓歓迎晩餐も行った。

金顯哲(キム・ヒョンチョル)経済補佐官は14日、国賓晩餐が行われた北京人民大会堂金色大庁について「歴代韓国大統領は一度ももてなされたことがない場所」と説明したが、これも事実ではなかった。青瓦台記者団が「朴槿恵(パク・クネ)前大統領も2013年6月に初めて訪問した時、金色大庁で晩餐をした」とすると青瓦台は遅まき訂正した。

青瓦台高位関係者は「(一人飯だとメディアが)フレーミングをしたのが理解できない」とも話した。フレーミングのせいにするのではなく、反論を展開するにはまともな反論を準備するべきだった。

18日にはソーシャルメディアを通じてチョン・ウイヨン国家安保室長が中国でカップラーメンを食べる写真を公開し、「頑張っては働いたあなた、食事してください」と書き込んだ。すぐに削除はしたものの、このような姿を見ると青瓦台は韓国国民がなぜ今回の訪中に腹が立っているのか分からないか、知っていても目をそらしたいようだ。

青瓦台は文大統領の外交スタイルを説明して「トゥボギ(ゆっくりと余裕をもって歩きながら活動をする姿)外交」と説明した。「一気にあまりにも多くのことを得ようとするな」という文大統領の発言を伝えた。青瓦台参謀も“トゥボギ”のように国民の心をつかもうとするべきだ。行き過ぎるよりは足りない方が良い。過猶不及(過ぎたるは猶及ばざるがごとし)だ。

ホ・ジン/政治部記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【取材日記】文大統領の訪中冷遇後に青瓦台の「カップラーメン」広報

    2017.12.19 14:12
    뉴스 메뉴 보기
    【取材日記】文大統領の訪中冷遇後に青瓦台の「カップラーメン」広報
    TOP