주요 기사 바로가기

韓国カメラマン協会「中国側警護員の暴行は大韓民国を暴行したこと」

ⓒ 中央日報日本語版2017.12.15 05:46
0
14日、中国北京で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席した韓中貿易パートナーシップの開幕式を取材中、中国側警護員から韓国人カメラマンが暴行を受けていたことに対して韓国カメラマン協会が同日、声明を発表した。

協会はこの声明で「中国側警護員の韓国カメラマン暴行事件を強く糾弾する」とし「中国政府の謝罪と責任者および関連者に対する処罰を強く要求する」と主張した。

続いて「大韓民国国民の知る権利を代表して取材中の記者団の取材を妨害し集団暴行したことは、大韓民国を暴行したことと同じ」とし「戦場でもなく過激なデモ現場でもないところで国家公務員が相手の国の記者に暴力を行使するだろうと誰が考えようか」とした。

韓国カメラマン協会によると、中国側警護員から暴行を受けた韓国人記者は右上まぶたがひどく腫れているうえ鼻血が両方から出て、目まいと嘔吐を訴えているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国カメラマン協会「中国側警護員の暴行は大韓民国を暴行したこと」

    2017.12.15 05:46
    뉴스 메뉴 보기
    中国で取材中に暴行を受ける韓国人記者(赤丸)。(写真=中央フォト)
    TOP