주요 기사 바로가기

韓経:韓国企業の海外進出1位はベトナム…「24年のブラックホール」中国抜いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.13 10:48
0
韓国企業が海外に新規法人を出す時に最も人気の国はベトナムであることがわかった。1992年から24年間にわたりブラックホールのように韓国企業を吸い込んできた中国は今年に入って初めて人気1位の座をベトナムに渡した。脱中国、ベトナムラッシュの傾向がくっきりとしている。

韓国輸出入銀行が12日に明らかにしたところによると、上半期の海外の国別新規法人数でベトナムが327社で1位となった。中国が299社、米国が259社で後に続いた。昨年まで不動の1位が中国だった点を考慮すると意味ある変化だというのが専門家らの分析だ。国別総投資金額基準では上半期に中国に10億ドルが投資され、ベトナムには9億2632万ドルが流入した。昨年の中国とベトナムへの投資額がそれぞれ33億ドルと22億ドルだった点を考慮すると格差は大幅に減ったことになる。

これまで韓国企業の海外進出は中国を中心に行われた。1992年に韓国と中国が国交を締結するとすぐ同年から海外新規法人数1位は米国から中国に変わった。その後昨年まで24年間1度も1位の国は変わらなかった。2002年に韓国とベトナムが国交を結んだが韓国企業の関心は依然として中国に傾いていた。

ベトナムに韓国企業が正確にいくつあるか確認するのは容易でない。ベトナム韓国商工会議所などは6000社ほどと推定している。KOTRAに登録された企業数基準では2016年に2723社と集計された。2年前の1340社より1000社以上増えたという話だ。同じ期間に中国に進出した企業は3575社から3639社に小幅の増加にとどまった。KOTRAハノイ貿易館のパク・チョルホ館長は「企業の海外進出の流れが変わっているという証拠」と説明した。サムスンだけでも電子を含め系列会社が雇用したベトナム人材は16万人に達する。サムスン電子は世界で約30万人の労働者を雇用しているが、このうち約11万人がベトナムで働いている。

脱中国現象は続いてきた。中国の製造業が自活力を備える水準を超え韓国の有名企業を脅かすほど成長し徐々に減り始めた。ここに高高度防衛ミサイル(THAAD)報復が決定的な契機となった。法務法人栗村(ユルチョン)ハノイのイ・ホンベ弁護士は「1億人の内需市場を持つベトナムの潜在力に注目する韓国企業の問い合わせが急増している」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:韓国企業の海外進出1位はベトナム…「24年のブラックホール」中国抜いた

    2017.12.13 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    ベトナムが韓国の主要投資先に浮上し、「紅河の奇跡」を書き綴っている。ハノイなど大都市の通勤時間帯はバイクに乗った若者たちで込み合う。(写真=韓経DB)
    TOP