주요 기사 바로가기

ボルトン元大使、英下院訪れ「CIAが見る北ICBMデッドラインは来年3月」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.06 09:20
0
「米国のデッドラインは今後3カ月だ」。

英日刊紙ガーディアンは4日、「先週ジョン・ボルトン前駐国連米国大使が英下院を訪問し『米中央情報局(CIA)の首脳部がトランプ大統領に北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を阻止できる機会の窓は3カ月(three-month window)』と伝えたという事実を通知した」と報道した。新聞は「ボルトン元大使訪問が(トランプ政権の)公式的なものなのか非公式的なことかはわからないが、彼は『(CIA首脳部が)3カ月が過ぎた後には北朝鮮がワシントンDCを含めた米国の都市を核弾頭で強打できる能力を持つようになるだろうとトランプ大統領に話した』と伝えた」と付け加えた。

すなわちCIAの分析の結果、来年3月には北朝鮮が米国の全都市を射程距離に置くICBM能力を備えることになるだけに、それ以前に「措置」を取らなければならないだろうという報告がすでにトランプ大統領になされたという説明だ。

同紙は「3月のデッドラインは(3月になれば)先制打撃を意味するものであることは明確だ」と解釈した。先制打撃(preemptive strike)とは敵の攻撃が差し迫った状況で攻撃を受ける前に先に敵の軍事施設を打撃する概念だ。

ガーディアンは「実は米国の上級司令官が何日か前に板門店(パンムンジョム)を訪問した元欧州議員にこのような話をした」と伝えた。また「ポンペオCIA長官がティラーソン氏の後任の国務長官になるだろうという観測が広がっている。ポンペオ長官の北朝鮮に対する立場が強硬で膠着状態はさらに深刻化するものとみられる」と予想した。

実際にポンペオ長官は10月19日にワシントンのシンクタンク民主主義守護財団主催で開かれた国家安保フォーラムで、「北朝鮮は5年前より(核兵器完成に)近づいた。これを防ぐための国際的努力がなければ5カ月後にはきょうよりさらに近づくだろう」と話している。当時も来年3月ごろに北朝鮮の核兵器能力が最終完成されるだろうことを暗示したものと解釈される。

ホワイトハウスも現在の「国際社会を通じた経済・外交的制裁と圧力」という戦略を固守するつもりはないということを何回も強調してきた。ホワイトハウスのマクマスター国家安保補佐官の場合、先月初めのトランプ大統領のアジア歴訪を控え「数カ月待ってみた後にどのような『調整』が必要なのかチェックするだろう」と本音を打ち明けた。すでに内部的にはこれ以上待つことはできないマジノ線を設定していることが推察できる発言だった。

この日ガーディアンのオピニオン面にこの記事を寄稿したマーク・セドン氏は潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長時代に演説文作成を担当したメディア特別補佐だ。現在は米コロンビア大学客員教授として在職中だ。

「3月デッドライン」を公論化したボルトン元大使はジョージ・W・ブッシュ政権で国務省次官を務め、大統領選挙時にはトランプ大統領の外交顧問を担当した。新政権発足時には国務省副長官、国家安保補佐官候補に名前が上がった。

今回の発言も彼の普段のタカ派性向が現われたとみられるが、トランプ政権と深く関わっている人物であるだけにただ見過ごすわけにはいかない。

特に先月29日の北朝鮮の「火星-15型」ミサイル発射後に米国内の世論が強硬に傾いている点も注目する必要がある。ジョン・マクローリン元CIA局長代行はこの日VOAとのインタビューで「北朝鮮が正確性を保障する誘導技術を備え核を搭載したICBMを米国まで飛ばす能力を保有したということを確実に証明する場合、米国は行動を取らざるをえないと強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ボルトン元大使、英下院訪れ「CIAが見る北ICBMデッドラインは来年3月」

    2017.12.06 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    ジョン・ボルトン前駐国連米国大使
    TOP