주요 기사 바로가기

韓経:韓国のサービス業生産性、OECD加盟国で最下位水準

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.27 11:14
0
韓国のサービス産業競争力は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最低水準という評価を得ている。サービス収支の赤字がますます大きくなるなど、状況が改善されるよりむしろ悪化している。生まれ変わる水準の変化なしには韓国のサービス産業がこのまま沈没するだろうという懸念の声が出ている。

OECDによると、韓国のサービス産業労働生産性は製造業対より45.1%(2014年基準)で、加盟国の中で最も低い。フランス(87.8%)、米国(82.6%)、英国(80.8%)など先進国の半分水準だ。低い競争力でサービス収支の赤字幅はますます大きくなっている。2015年149億ドル(約1兆6602億円)、2016年176億ドルに続き、今年に入っては上半期だけで157億ドル赤字を出した。旅行と事業サービスで赤字を続ける中で、運送も昨年から赤字に転じた。サービス産業の成長そのものも鈍化している。サービス産業成長率は2014年3.3%、2015年2.8%から2016年には2.3%に下落した。昨年、経済成長率(2.8%)を下回る数値だ。

サービス産業が停滞の一途をたどる理由は規制一辺倒政策のためという分析が出ている。OECDは昨年「韓国経済報告書」で「韓国のサービス業の規制件数は製造業の4倍を超える」と指摘した。研究開発(R&D)不足も要因に選ばれる。韓国経済研究院によると、韓国の全体民間R&Dでサービス産業が占める割合は2015年基準8.1%で、OECD加盟国のうち最下位だった。英国(58.2%)、米国(29.5%)、日本(12.4%)などに比べれば恥ずかしい水準だ。韓国は主要先進国のサービス産業におけるR&Dの割合が増える中でも2015年に2000年(10.1%)よりむしろ2.0%ポイント減少した。

専門家らは経済成長率の上向と雇用創出のためにもサービス産業育成が急がれると指摘した。2016年経済成長率2.7%の中で製造業が占める割合は0.5%ポイントにとどまったが、サービス業は1.4%ポイントに達した。韓国銀行と統計庁によると、国内総生産(GDP)10億ウォン(約1億239万円)当たり就職者数を意味する就職係数は昨年、教育サービス業28.1人、事業サービス業24.8人と製造業(10.6人)を上回った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP