주요 기사 바로가기

【グローバルフォーカス】強大国の角逐をあおる韓国の「均衡外交」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.17 10:12
0
トランプの今回のアジア歴訪国のうち、韓国から出る結果が最も不確かだった。だが、結果的に韓国に非常に良い結果をもたらした。トランプの韓国国会演説は人権と北朝鮮圧迫に集中した。「外交が失敗すれば北朝鮮を予防攻撃する」という以前の威嚇が演説から外された。トランプはアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議が開かれたベトナム・ダナンで多国間自由貿易協定(FTA)を非難したが、韓米FTAを廃棄するという脅しは言わなかった。トランプの非武装地帯(DMZ)訪問は天候事情で実現しなかったが、DMZ訪問を準備する過程で韓国側を失望させたり不安にさせたりすることはなかった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ大統領当選1周年を祝った。文大統領はトランプに「お世辞」が通じるということを他の首脳から学んだようだ。トランプは韓国で良い時間を過ごした。

だが今後の韓国の戦略的進路に対する疑問が提起された。発端は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備が生んだ韓中葛藤に対して、韓国外交部がうまく決着をつけたかどうかだった。

最初は韓国外交部が凱歌を揚げたようだった。だが、中国が韓国に加えた経済圧力を無条件で減らすという韓国政府の主張とは違い、中国外交部は韓国側が3種類の条件に合意したと発表した。一つ目、追加THAAD配置はない。二つ目、韓日米軍事同盟は結成しない。三つ目、韓国は米国のミサイル防衛(MD)体系に参加しない。

韓国は中国の主張をすぐに否定せず躊躇(ちゅうちょ)していたためワシントンの疑念と懸念を生んだ。韓国外交部は「発表文にないいかなる約束も中国側にしなかった」と事態の火消しに出た。最初はワシントンも安心したが、韓日米国防長官会談で韓国側が3国共同連合訓練を拒否したため、ソウルに対するワシントンの疑いはさらに深まった。北京の主張通り、韓国が中国に3種類を口頭で約束したのではないかとの話が出た。

このような解釈は現在、ワシントンと東京の安保専門家たちの間に広まっている。おそらく北京の専門家も同じだろう。

「韓国と中国が実際にどのような合意をしたか」という問題とは別に、今回形成されたナレーティブは4種類の理由で韓国にとって危険だ。
【グローバルフォーカス】強大国の角逐をあおる韓国の「均衡外交」(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP