주요 기사 바로가기

韓経:【社説】日本では歓待され韓国では反米デモに迎えられるトランプ大統領

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.07 10:49
0
トランプ米大統領の韓国「国賓訪問」がきょう始まる。ソウルで25時間滞在する短い日程だが、韓国としては文字通り大事なお客を迎える。トランプ大統領は韓国に先立ち日本を訪問し、8日に韓国を離れすぐに中国を訪れる。韓日中3カ国とスーパー強国米国の連鎖首脳外交は内容だけでなく形式・手続きでも世界的な関心事になるのに十分だ。

トランプ大統領は安倍晋三日本首相と4回の食事とゴルフで日米の緊密な同盟関係を世界に誇示した。首相が指揮した日本固有の手厚いおもてなしの心は遠くからも見えるほどだ。日米首脳会談で北朝鮮の核解決共助の意志を繰り返し確かめたのと違い、財界関係者との対話では「年間700億ドルの貿易不均衡」に対する不満を吐露した「トランプ式直説話法」もあったが、全体的な友好歓待の雰囲気に不協和音は相当部分隠された。

中国もトランプ大統領のために紫禁城内の非公開区域である建福宮で宴席を開くことにするなど最高の礼遇を準備中だ。北朝鮮の核問題と貿易不均衡など厄介な問題も少なくないが、国賓として歓迎するものだ。日本も中国もどちらも自国の利益を最大化する次元の米国大統領歓待であることは言うまでもない。

韓国も文在寅(ムン・ジェイン)大統領の指示で格別な歓待を準備している。だが220余りに上るいわゆる「社会団体」の集合体である「NOトランプ共同行動」が悩みの種だ。7~8日に大々的な反トランプ都心集会を相次いで開催するという。光化門(クァンファムン)広場-青瓦台(チョンワデ、大統領府)周辺-宿泊予定地を動線に合わせてついて行き反米・反戦を叫ぶという。「トランプ国会演説阻止行動」まで予告し警察は最高非常体制となり、行政安全部長官は「成熟した市民意識を持ってほしい」という国民向け要請文まで発表した。

国レベルの国賓をこのように迎えるのは韓国の伝統とも合わない。同盟国の国家元首に対する礼遇とお客に対する礼儀は先進社会の教養であり道理だ。外交安保チームに任せた責務も重大だ。首脳間の小さな亀裂や溝がフィルターを通したり調整されることなくそのまま露出すれば街頭での激しい行動を呼ぶ口実になりかねない。北朝鮮の核解決も、FTA再協議もすべてそうだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP