주요 기사 바로가기

安倍氏、先月だったイバンカ氏の誕生日まで祝いながら最高級のおもてなし

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.06 11:15
0
安倍晋三首相がドナルド・トランプ大統領よりも先に訪日した長女イバンカ氏に最高級の「おもてなし」で迎えた。長女であり大統領補佐官として政権内で強い影響力を持っているイバンカ氏に物心両面から歓待を惜しまなかった。安倍氏は3日午後、都内にある高級旅館でイバンカ氏と晩さんを共にした。「首相が閣僚級ではない大統領補佐官を会食でもてなすのは異例だ」(読売新聞)という報道もあった。

イバンカ氏が到着する約10分前から、安倍首相が旅館の玄関に出て待つ姿はテレビを通じて生中継された。イバンカ氏は桜の花を連想させるピンク色のワンピースを着て登場し、安倍氏はイバンカ氏をエスコートした。メニューは日本の食材を使ったフランス創作料理で、イバンカさんの好みを反映して選ばれたメニューだったという。

佐佐江賢一郎駐米日本大使、ウィリアム・ハガティ駐日米国大使夫妻が同席し、日本伝統公演も上演された。安倍氏は「初めて面会してから約1年間、大統領との間で強固な信頼関係を築けており、大変喜ばしい」と述べ、父親のトランプ大統領との親密さを強調し、イバンカ氏は「政治家一家としての人生がいかに大変か」について打ち明けたりもしたという。

安倍首相は食事を終えた後、イバンカ氏にサプライズで誕生日祝いも行った。イバンカ氏の36回目の誕生日は4日前の先月30日だったが、遅まきながら誕生日を祝ったのだ。伝統楽器演奏者が誕生日を祝う曲を演奏し、安倍氏は花束を手渡した。日本メディアによると、安倍首相は高級化粧用ブラシも贈った。

このブラシは日本の化粧品会社がクリスマス限定販売用に発売している商品で、安倍首相がイバンカ氏にプレゼントしたことが知らされて完売したという。価格は1万8000円だという。

イバンカ氏は自身のSNSに日本伝統舞踊を鑑賞したり花束を受けとったりしている様子が写された写真を掲載した。イバンカ氏は「東京で忘れることのできない最後の夜、安倍首相からあたたかいもてなしを受け、先日の誕生日も祝ってもらった。感謝したい」というコメントを写真に添えた。

安倍氏はこの日、東京で開かれた国際女性会議(WAW)でイバンカ氏が主導する女性企業家支援基金(イバンカファンド)に5000万ドル(約57億円)を寄付する意向も明らかにした。イバンカ氏は4日の出国に先立ち、訪日期間中に会った人々と自身の姿をまとめた1分程度の動画をSNSに掲載した。「安倍首相と日本国民のあたたかいおもてなしに感銘を受けた」とし、日本語で「ありがとうございます」と残した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP