주요 기사 바로가기

米空軍、B-2動員して米本土で「金正恩斬首」訓練

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.02 07:58
0
先月、米国空軍が米本土で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長を除去する目的の訓練を行ったことが分かった。

1日の米国航空専門サイト「Aviationist」によると、米空軍は先月18-19日(以下、現地時間)、ミズーリ州でB-2ステルス戦略爆撃機をはじめ、B-52戦略爆撃機、E-3空中早期警戒管制機、KC-10・KC-135など空中給油機を動員した訓練を行った。訓練はミズーリ州一帯の小規模な空港を仮想で爆撃する方式で進められた。当時、軍用機はトランスポンダー(航空機位置発信装置)をつけ、暗号化しない無線通信で交信した。

ある読者は下のようなメールを送った。この読者はB-2のパイロットの交信内容も録音した。

「先月17日午後8時、3機のB-2がKC-135とともに飛行する姿を目撃した。B-2のコールサイン(無線コールサイン)はBATだった。30分後にB-2が別の航空機と交信したが、その航空機のコールサインはMOJOだった。ある戦闘状況をシミュレーションしているように見えた。精密誘導爆弾(GBU)を目標に投下する過程を訓練したが、彼らが話した座標を探してみるとミズーリ州ジェファーソンシティーの小規模な空港だった」。

翌日の午後9時ごろにも同じ訓練があったという。今回の座標はミズーリ州オーセージビーチの小規模な空港だった。この時、あるパイロットが「DPRK(北朝鮮)の指導部があると推定される指揮所」と話す部分があった。

Aviationistは米空軍が訓練を通じて北朝鮮の指導部を除去する斬首作戦を演習した可能性が高いと分析した。計3機のB-2が参加したことが把握された。

また、暗号化していない無線で北朝鮮に言及したのは異例だと評価し、意図的にB-2が北朝鮮の目標を爆撃する準備をしていることを知らせたようだと伝えた。

実際、その後の米空軍の動きは尋常でない。訓練の翌日の先月20日、米空軍はB-2がGBU-57 MOPバンカーバスターを投下する映像を公開した。この爆弾は地下深くにあるバンカーや軍事施設を破壊する目的で製作された。重さ14トンで、60メートルの鉄筋コンクリートを突き抜ける。有事の際、地下バンカーに隠れる金正恩委員長を除去するのに最も効果的な武器だ。またB-2爆撃機は先月28日、ミズーリ州ホワイトマン空軍基地からグアムまでを往復する長距離飛行訓練を実施した。

軍消息筋は「米国の武力示威がさらに増える場合、金正恩労働党委員長が外部行事を避けることになり、北の民心が動揺することもある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP