주요 기사 바로가기

韓国自動車産業の弱点見抜いた英国「部品業者、来てください」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.20 10:52
0
「420万台vs180万台」。昨年韓国が生産した自動車は英国の2倍を越えている。自動車に関する限り韓国が英国より先進国だとみることができる。英国は50余年前は世界1位自動車輸出国だったが、今は完成車業者がすべて海外企業に売却され、発注者ブランドによる生産(OEM)方式ですべての車両を生産している。

ところが英国政府の考えはちょっと違う。完成車業者の数、研究開発(R&D)競争力、労働効率性において英国が韓国よりはるかに進んでいると主張する。さらに韓国自動車部品業者に事業がやりやすい英国に移るように誘惑する。

今月18日、ソウル・プラザホテルで開かれた「自動車は大英帝国(Automotive is GREAT)」キャンペーンにはこのような英国政府の認識がそのままあらわれた。英国輸出の44%を占める欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を決めて以来、英国政府は交易萎縮を懸念して製造業の育成に積極的だ。特に産業波及力と雇用創出効果が大きい自動車産業に全力を注いでいる。「自動車は大英帝国」というキャンペーンはそのような努力の一環だ。

チャールズ・ヘイ駐韓英国大使は「英国自動車産業について知らせ、韓国自動車企業にビジネスチャンスを提供するためにイベントを企画した」と話した。

注目すべきなのは英国が今回のキャンペーンを最初に発表する場所に韓国を選んだという点だ。英国政府はベアリング・ヒンジ・ショックアブソーバーなど29種類の自動車部品を細かく羅列し、その部品を英国で作る場合、現地市場規模がそれぞれいくらなのか金額を示した。リストによると英国で今すぐ必要な自動車部品の市場規模は合計40億ポンド(約6000億円)だ。

英国自動車投資機構の専門家ジェイ・ネグレー氏は「(政府ではなく)英国自動車業界が自律的に『英国で生産されるならば直ちに購入する部品目録』を作成した」とし、「韓国の部品会社が英国で部品を生産するならば英国政府が責任を持って空間を用意するだろう」と請けあった。
韓国自動車産業の弱点見抜いた英国「部品業者、来てください」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP