주요 기사 바로가기

韓国人の幸福寿命74.6歳…日本より低い

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.10.11 13:35
0
韓国国民が老後準備の不足で生涯最後の約8年を不幸に暮らす可能性があると分析された。

生命保険会社会貢献委員会は韓国・日本・米国・ドイツ・英国など5カ国の20~50代経済活動人口各1000人ずつを対象に調査した「幸福寿命国際比較」研究結果を10日、発表した。

幸福寿命は生命保険会社会貢献委員会とソウル大学老年・引退設計研究所が昨年、共同で開発した老後準備測定指標だ。

韓国人の幸福寿命は74.6歳で、調査対象5カ国のうち最も低かった。ドイツは77.6歳で最も高く、英国・米国(76.6歳)、日本(75.3歳)の順だった。

韓国人の期待寿命と幸福寿命の格差は8.5年で、日本(9.5年)に続き2番目に高かった。健康・経済的安定・社会的活動・円満な人間関係などで老後準備の不足で生涯最後の8.5年は幸せな人生を送ることが難しいということだ。

幸福寿命の細部指標でも韓国は下位圏だった。健康寿命は73.6歳(4位)、経済寿命は77歳(4位)、活動寿命は72.5歳(5位)、関係寿命は75.2歳(5位)で、全領域で老後準備の水準が不十分だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP