주요 기사 바로가기

トランプ大統領「北に効果あるのは一つだけ」…軍事対応を警告?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.09 13:11
0
2日前に北朝鮮を狙ったように「嵐の前の静けさ」と発言をしたトランプ米大統領が、今度は北朝鮮に向けて「遺憾だが、効果があるのはただ一つだけだ」と警告した。

トランプ大統領は7日(現地時間)、ツイッターで「過去の大統領と政府が25年間にわたり北朝鮮と対話し、合意して莫大な資金を支払ったが、効果がなかった。(北朝鮮は)合意文のインクも乾かないうちに違反し、米国の交渉家を嘲弄した」とし、このようにコメントした。その後、トランプ大統領は、「ただ一つとは何を意味するのか」と尋ねる記者らに対し「すぐに(pretty soon)分かるだろう」とのみ答えた。

これに対しCNN放送など米国メディアは「北朝鮮の労働党創建記念日(10月10日)を控えて予想される大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射を含む北朝鮮の追加挑発に軍事的対応の可能性を警告した」と伝えた。ホワイトハウスのサンダース報道官は「あらゆるオプションがテーブルに載せられているということ以外に現時点で話すことはない」と述べた。

トランプ大統領はこの日、マイク・ハッカビー元アーカンソー州知事のテレビ番組で「北朝鮮問題は25年前か10年前、またはオバマ政権が解決するべきだった。真実は私が北朝鮮だけでなく中東まで完全にめちゃくちゃな状態で譲り受けたということ」と述べ、オバマ政権を繰り返し非難した。

これに先立ちトランプ大統領は5日、ダンフォード統合参謀本部議長を含む軍首脳部とホワイトハウスで会議を開いた後、出席者と記念撮影をしながら記者らには「これが何を意味するのか分かるか。嵐の前の静けさかもしれない」と述べた。その意味については「今後を見れば分かる」とし、説明はしなかった。

軍首脳部との会議中には「我々は独裁政権が米国と同盟国に想像もできない人命被害を与えると威嚇することを容認できない」とし「そのようなことを防ぐためにやるべきことをしなければいけない。私を信じてみなさんが私に幅広い軍事オプションを提供することを期待する」と述べた。トランプ大統領が軍事行動に踏み切る条件について専門家らは「北朝鮮のミサイルがグアム・ハワイまたは米国本土に向かう場合」を一次的に想定している。

鄭柄国(チョン・ビョングク)正しい政党議員など秋夕(チュソク、中秋)連休中にワシントンを訪問した国会議員団に対し、ロバート・ガルーチ元米国務次官補は「単純に公海上で距離測定試験をするのではなく、グアムなど特定目標に向かって発射すれば戦争の開始(Game on)」と述べた。別の米議会関係者は「北朝鮮が脅迫した通り実際に弾頭を搭載して太平洋に向かって発射をしても深刻な状況になるだろう」と伝えたという。

魏聖洛(ウィ・ソンラク)ソウル大政治外交学部客員教授は「トランプ大統領の『マッドマン(狂人)戦略』には抑止効果のようなプラスの面があるが、同時に緊張を高める危険性も多い」とし「トランプ政権のメッセージの偏差があまりにも大きいため、北が誤認しやすい状況」と指摘した。また「トランプ大統領も北との最終談判を念頭に置いているが、タイミングと手続きを交渉派とは違う形で設定しているようだ」とも話した。

トランプ大統領は交渉派に分類されるティラーソン国務長官との不和説について7日、「(ティラーソン長官と)非常に良く、しっかりと関係を維持している」と述べた。米政治専門サイトのポリティコによると、トランプ大統領はホワイトハウスで記者らに対し「一部の事案については異見がある。彼(ティラーソン長官)がもう少し強硬であればいい」とし、このように語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP