주요 기사 바로가기

韓国メディア、韓国詩人のノーベル文学賞受賞に期待感

ⓒ 中央日報日本語版2017.10.05 08:15
0
ノーベル文学賞受賞者が5日午後8時(日本時間)に発表される。欧州現地ではグギ・ワ・ジオンゴ氏(ケニア)、村上春樹氏(日本)、マーガレット・アトウッド氏(カナダ)の3人の受賞の可能性が最も高いと見られている。韓国人詩人の高銀(コ・ウン)氏と中国人作家の閻連科氏がその後に続く。

高銀氏は当初10番人気だったが、ノーベル文学賞受賞者発表日が決定した2日に順位が上がった。順位の上昇を受け、韓国メディアも高銀氏のノーベル文学賞受賞に期待を表している。

世界日報は「1986年から2010年まで計30巻にわたる高銀氏の連作詩『萬人譜』は2000年代以降、有力なノーベル文学賞候補作に挙がってきた」とし「海外メディアは『歴史の流れとは関係がないと認識される疎外された群像こそが透徹かつ強靭な生き方を感じさせる』という好評を相次いで出している」と伝えた。

イーデイリーは韓国出版専門家らのインタビューを通じて「ノーベル文学賞は大陸別に配分される傾向がある」とし「政治・社会的に影響を及ぼした作家を好むため、高銀氏の受賞の可能性が高まった」と伝えた。

韓国のある出版関係者は「今年は高銀氏には最後で最高の機会になるかもしれない」とし「韓国の民主主義を代弁するろうそく集会に積極的に参加し、民主主義を取り戻すための作品を出したのが最も大きな理由」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP