주요 기사 바로가기

<大リーグ>LAドジャース柳賢振、ポストシーズンの先発が不透明に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.10.02 14:11
0
米メジャーリーグLAドジャースでプレーする柳賢振投手(30)のポストシーズン先発出場が不透明になった。

MLB.comは2日、ナショナルリーグ・ディビジョンシリーズに出場するLAドジャースの先発ローテーションを予想した。デーブ・ロバーツ監督は「クレイトン・カーショウは3日の休息後、再登板することはない」と明らかにした。これに伴い、ドジャースのローテーションは4先発体制になる見通しだ。

MLB.comによると、カーショーが第1先発、ダルビッシュ有とリッチ・ヒルが第2・3先発を引き受ける。ブルペン投手の起用もささやかれていたアレックス・ウッドが4番手を担うと予想した。MLB.comはポストシーズンのエントリーに柳賢振とロス・ストリップリングが入れるかどうか明確ではないと説明した。

 
結局、柳賢振はポストシーズンの先発が不透明になった。柳賢振は今季5勝9敗1セーブ、防御率3.77を記録した。だが、柳賢振は先月30日、コロラド・ロッキーズとの試合で、2イニングの間にホームラン3本を打たれて失点を5にするなど不安定な投球を見せた。

一方、ドジャースはこの日、コロラドとの最終戦を勝利で締めくくりシーズン104勝(58敗)を記録した。ドジャースは7日、アリゾナとコロラドのワイルドカード決定戦の勝者とディビジョンシリーズ第1戦(5戦3勝制)に臨む。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>LAドジャース柳賢振、ポストシーズンの先発が不透明に

    2017.10.02 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振投手(LAドジャース)(写真=ドジャースの公式ツイッター)
    TOP