주요 기사 바로가기

【時視各角】「狂人はお前だお前~」…トランプVS金正恩

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.26 14:36
0
1974年8月9日。「ウォーターゲート事件」で辞意を表明したニクソン大統領はホワイトハウスの庭園に待機中だった「マリーンワン」(大統領専用ヘリコプター)のタラップをのぼった。カリフォルニアの自宅に帰る前だった。見送りに来た約300人のホワイトハウスの職員、閣僚に向かって両腕を高く上げて勝利の「V」の字を描いて見せた。大統領職終了までわずか2時間。この姿を見守りながら最も胸をなで下ろしたのはシュレジンジャー国防長官だった。ニクソン大統領の後ろに「フットボール(核コードが入ったブリーフケース)将校」が見えなかったからだ。シュレジンジャー長官はそれでも安心できなかったのか、全軍主要指揮官に緊急命令を出した。「もしニクソン大統領が核発射を命令すれば私または国務長官(キッシンジャー)に必ず確認しなさい」。退任を控えて酒に溺れていた「狂人」ニクソン大統領が最後の瞬間に何をするのか緊張を緩めることができなかったのだ。実際、ニクソン大統領はその頃、ヘイグ秘書室長に「フットボールを持ってこい。議事堂にそれ(核爆弾)を落としてみようか」という発言をし、周囲を驚かせた。

43年前のシュレジンジャー国防長官の心情がまさに今のマティス国防長官の心情と同じではないだろうか。最初は戦略的に「狂人」のふりをするようだったトランプ大統領の最近の言動をみると、本当に事件を起こすのではと思う時がある。突発的なツイッターや記者との問答でもなく準備された国連総会の演説で「北朝鮮を完全に破壊する」という発言をした。ニクソン大統領は酒に酔っていたとして、トランプ大統領は素面だからもっと恐ろしい。さらに大きな問題は43年前には「狂人」が1人だったが、今は2人という点。1週置きに核実験とミサイル発射をする金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長との「狂人はお前」競争が佳境に入る。

国際通貨基金(IMF)関係者の予測シナリオは2つ。一つは、セカンダリーボイコットの本格稼働と北朝鮮の水素爆弾太平洋発射で軍事衝突の一歩直前まで進んだ後、中国が仲裁に入るというものだ。朝米間の平和体制構築のためのロードマップが進行され、IMFはすぐに北朝鮮に入って国家債務の把握に乗り出すというシナリオだ。もう一つはさらに一歩踏み込んだケース。朝米間の葛藤が解けず、トランプ大統領が結局、韓半島(朝鮮半島)内の20万人にのぼる米国人に撤収命令を出す。「交渉用」ではあるが戦争危機が高まって韓国からは外国資本が一斉に流出する。トランプ大統領は少なくとも1、2年は撤収措置を解除しないとみる。IMFが最も懸念するシナリオだ。

外交にマジックはない。何もせずに帽子の中からウサギが出てくるわけはない。誰かが帽子の中にウサギを入れなければいけない。米中間の24年の敵対関係を清算した72年の「上海宣言」当時、ウサギを入れたのは皮肉にも狂人ニクソン大統領だった。助演はキッシンジャー国務長官。ニクソン大統領とキッシンジャー長官はなんと8日間も中国に滞在し「合意するまで帰国しない」と述べた。45年が過ぎて今度は「狂人」トランプ大統領が帽子の中にウサギを入れることができるのか、我々は助演の役割をすることができるのか。しかし主演も主演だが助演も愚かだ。800万ドル対北朝鮮人道的支援を発表して「時期は今後決める」という。こういうのをどっちつかずという。するのなら確信を持ってし、そうでなければ最初から発表を延期すればよいことだった。韓日米の連携に亀裂が生じ、疑いを抱かれるだけだ。韓日米首脳会談での対話を悪意的に報道した日本メディアも問題だが、なぜそのようなことが発生したのか核心を把握せず、「ホワイトハウス内に文在寅大統領のファンクラブができた」と対抗する青瓦台(チョンワデ、大統領府)の姿も幼稚でアマチュアだ。主演も助演も本当に期待できない。

金玄基(キム・ヒョンギ)/ワシントン総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP