주요 기사 바로가기

韓国外交部、「安全・平和の平昌五輪を積極的に説明」指示

ⓒ 中央日報日本語版2017.09.26 14:02
0
韓国外交部が、海外の大使館や領事館に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)は安全かつ平和的に行われるという点を伝えるよう指示を出した。

外交部当局者は25日、「平昌五輪の安全問題に関連し、誤った世論が形成されるのは望ましくないとの点から、『安全オリンピック』『平和オリンピック』にしていくという韓国政府の立場と現況を駐在国がしっかりと理解できるように各大使館や総領事館などが努力するよう、最近、指示を出した」と述べた。

最近、フランスとオーストリアが韓半島(朝鮮半島)の緊張状況を取り上げて「選手団の安全が保障されない場合、平昌五輪の不参加もありうる」と発言し、これがメディアを通じて伝えられた。これを受けて駐韓フランス大使が、自国選手団の平昌五輪への参加は今まで通り変わらないと述べて火消しに出たが、北朝鮮の度重なる挑発で韓半島危機に対する懸念の声が高まっている。

一方、25日、仏パリ国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部で開催された第6回ユネスコ国際スポーツ反ドーピング協約当事国総会に参加した盧泰剛(ノ・テガン)文化体育部第2次官は「韓国は安保状況に対する懸念にもかかわらず、1988年ソウル五輪をはじめ2002年ワールドカップ(W杯)、2011年世界陸上選手権大会と3度のアジア競技大会、3度のユニバーシアード大会を成功裏に開催した経験がある」とし「同じように平昌冬季五輪も史上最高水準の安全な大会になることを保障する」と表明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP