주요 기사 바로가기

慰安婦コンテンツ公募展大賞を受賞したフランス人「大きなショックでおぞましさと混乱感じた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.26 14:01
0
1/2
アナベル・ゴドーさん
ソウル市が開催した慰安婦コンテンツ公募展で大賞を受賞したフランス人のアナベル・ゴドーさん(27)が受賞の感想で「フランス人には第2次大戦の一部分を、韓国人には外国人としての見解を示したかった」と25日、語った。

大賞を受賞したゴドーさんの作品『慰安婦』は実存人物の証言を総合して再構成した漫画だ。主題の理解度と優れた完成度で高い評価を受けた。

フランス小都市ブロワ出身のゴドーさんは、リヨンの芸術学教でイラストと漫画を専攻した。高校生の時にインターネット映像を通じて韓国文化に初めて触れた後、2012年から3回にわたって韓国を訪れた。ゴドーさんは最初は旅行のために来て、その後はアプリケーション会社のインターンで3カ月間働いた。2015年には世宗(セジョン)大学校韓国語学堂(語学学校)で授業を受けて韓国語を習った。2016年には韓国で培った経験を生かしてウェブトゥーン『アナベルと大韓民国』を連載した。

ゴドーさんは韓国に滞在するようになって初めて慰安婦問題を知り、徐々に関心が高まったという。大学の卒業作品でこのテーマを扱うほどだった。今回の公募展には韓国人の友人の提案を受けて参加することになった。

ゴドーさんは「フランス人には彼らが知らない第2次大戦の一部分を、韓国人には外国人としての見解を示したかった」とし「フランス人は第2次大戦当時、自国内のユダヤ人虐殺をいつも胸に深く刻んでいるが、韓国ではどのようなことが起こっていたのか知らない」と伝えた。ゴドーさんは「慰安婦問題を広く伝えるために何か役に立ちたい、被害女性の方々を助けたいと思った」とし「漫画がその手段になると思う」と語った。

ゴドーさんは「一人の人間として、また女性として、日本軍慰安婦事件に大きなショックを受け、おぞましさと混乱を感じた」とし「資料調査は本当に大変な作業だった」と吐露した。

ゴドーさんはまた「韓国は単に一つの国ではなく、私を一番幸せにしてくれるところ」としながら「母国フランスにいたときよりも大きな幸福を感じた」と話した。

今回の公募展は、慰安婦記録物の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界の記憶(世界記憶遺産)登録をバックアップしようとの趣旨で開かれた。市は6月から約2カ月間にわたってコンテンツ公募展を開催した。この期間、映像や漫画など計74点の作品の応募があり、23日に優秀作15点を選定して授賞を行った。

最優秀賞には大学生団体「400km Family」による映像『今日の記録、明日の記憶』と韓国芸術総合学校に在学中のチョン・ヘジさんの漫画『涙』がそれぞれ選ばれた。

韓国・中国など8カ国の市民団体14グループで構成された国際連帯委員会は、慰安婦記録物のユネスコ世界の記憶への登録を推進している。昨年5月、ユネスコに2744件の記録物を申請し、来月の最終決定を待っているところだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP