주요 기사 바로가기

慰安婦を扱った映画『アイ・キャン・スピーク』、週末の韓国興行1位

ⓒ 中央日報日本語版2017.09.25 14:24
0
慰安婦被害女性を題材にした映画『アイ・キャン・スピーク』がこの先週末、韓国映画街で最も熱い反応を得た。

25日、映画振興委員会映画館入場券統合電算網によると、『アイ・キャン・スピーク』は23~24日の2日間、合計1140個のスクリーンで上映されて48万6313人の観客を動員し、興行1位を占めた。

同作は、慰安婦被害者だった事実を隠して生きてきたオクプンおばあさんが9級公務員の青年から英語を学ぶ過程を描いている。これまでの慰安婦に関する映画が慰安婦被害の残酷さに焦点を当てて描かれていたとすると、今回の作品は身近なおばあさんの様子を感動を織り交ぜながらコミカルに表現している。

今月21日に公開された同作は、総累積観客71万 8194人で、観客動員100万人突破に向けてまっしぐらに突き進んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慰安婦を扱った映画『アイ・キャン・スピーク』、週末の韓国興行1位

    2017.09.25 14:24
    뉴스 메뉴 보기
    女優ナ・ムニ主演の映画『アイ・キャン・スピーク』の一場面。(写真提供=リトルビッグピクチャーズ)
    TOP