주요 기사 바로가기

【社説】「死の白鳥」最北端まで飛行…最高潮の緊張を直視しなければ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.25 13:50
0
米国戦闘爆撃機が休戦ラインで武力示威に出た中で、北朝鮮が先制攻撃を脅威するなど韓半島内武力衝突の危険が高まっている。「攻撃の兆しがあれば先制行動に出る」という北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の23日(現地時間)国連演説が伝えられると、ドナルド・トランプ大統領も直ちにツイッターで反撃した。「彼が『リトルロケットマン』(金正恩)の考えを詠じたのなら、彼らは長くは続かないだろう」との応酬だった。ますます北米間攻防が激化している。

軍事的緊張も尋常でない。米超音速戦略爆撃機B-1Bランサーは24日、東海(日本名・日本海)側休戦ラインの最北端で武力示威を行った。その気になればいつでも北朝鮮を殴る可能性があることを誇示したわけだ。これだけではない。19日には韓米両国の歩兵が核爆弾とミサイル・化学弾など大量破壊兵器(WMD))の除去訓練を行った。また、中東で戦闘経験が豊富な兵士たちで在韓米軍を変えているという話も聞こえる。多様な軍事的圧力でいつ起きるか分からない武力衝突に備えた措置だ。

こうした中で李容浩外相は国連総会でいつにもまして好戦的な演説を行った。「我々指導部の斬首や軍事的攻撃の兆しを見せれば、容赦なく先制行動を取る」と脅威したわけだ。自ら明らかにしたように、このような発言は「北朝鮮を完全破壊する」というトランプ大統領の国連演説を狙ったものだ。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が自分の名義の初声明を通じて「過去最高の超強硬対応に出る」と脅迫したことと同じ流れだ。北米間首脳間で前例のない凄じい暴言が相次いでいる。

過去の歴史に考えると、戦争は数多くの理由で起きる。敵対国指導者間の感情悪化は平和維持面で決して望ましくない。金正恩・トランプ間の言葉争いで韓半島(朝鮮半島)武力衝突の可能性が増えるばかりで、減るわけがない。政府は厳しい状況を直視していつにもまして慎重に行動しなければならない。直ちに最優先課題は韓米間圧力連携に最大限力を注ぐことだ。突然人道的対北朝鮮支援策を発表するように韓米連携に冷や水を浴びせるような措置は控えるべきだ。

「北朝鮮リスク」にともなう不利益を減らすのも急がれる。韓半島をめぐる安保不安は我々の経済に莫大な損害を及ぼすのが目に見える。直ちに外国人投資が冷え込み、貿易取り引きが減る可能性がある。

特に、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)があと4カ月残っている中で外国選手団が参加しなければ大変だ。後ほど否定するだろうが、フランス当局は数日か前に「安全保障がなければ平昌五輪には参加しない可能性もある」としたという。続いてオーストリア・ドイツも昨日、不参加の可能性をにじませたという。スポーツ強国である欧州主要国が来なければ他の国も動揺する可能性がある。心理的なドミノによって大勢不参加する事態が起きないように当局は初期段階で対応に出なければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP