주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】「米国優先主義」ドクトリンに不安な韓米FTA

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.23 13:58
0
トランプ大統領が19日に行った国連総会での演説の中には、北朝鮮に対する「完全な破壊」ほど意味深長な部分があった。「私は常に米国の利益を最優先にする」という米国優先主義(アメリカ・ファースト)ドクトリンの発表だった。CNNは「世界の首脳が集まった国連総会の場でこのように露骨な演説をした米国大統領はいなかった」とし「グローバルトランピズム」と命名した。

しかし今回の宣言は毎朝ツイッターに載せる140字メッセージとは違う。ホワイトハウスは演説の直後「アメリカ・ファースト外交政策」と題した公式資料を配った。アメリカ・ファースト政策は(1)米国は他のすべての主権国と同じく自国の市民、自国の価値と懸念を最優先とし(2)理念ではなく結果に基づき(3)米国は国際社会のリーダーではあるが、各国はテロとの戦争、北朝鮮・イランの脅威に対して自国の役割に寄与しなければいけない--というのが骨子だ。

トランプ大統領は演説で第2次世界大戦後に西欧の再建のために140億ドルを支援したマーシャルプラン(欧州復興計画)を米国外交の最大の業績に挙げた。しかし民主主義と人権増進という過去に米国が追求した価値は除いた。その代わり「世界の独立主権国家が米国のように生きることを願わない。各国は異なる価値と文化、異なる夢を追って生きるようにする」「私はほかの何よりも米国の国益を最優先に守るため、各国も自国の国益を追求すべき」と助言した。

トランプドクトリンは21日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との韓米首脳会談で「米国産」先端武器導入を含む対北朝鮮安保協力の合意につながった。しかし別の事案の自由貿易協定(FTA)問題でも合意にいたるかは不安だ。トランプ大統領は文大統領との2回目の会談でも「我々は貿易(赤字)と貿易協定について議論していて、いかなる交渉結果が出るか見守る」とFTAの話から始めた。「トランプ大統領の側近のピーター・ナバロ国家通商会議(NTC)委員長がカナダ・メキシコなど規模が大きい北米自由貿易協定(NAFTA)の代わりに韓米FTA破棄をトランプ大統領に建議し、実際に決定まで達した」「スーパー301条信奉者のロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が米国農産物の関税は直ちに廃止し、米国の関税廃止日程は5-10年延期してほしいと一方的な改定要求をする」という話も出ている状況だ。

韓国側交渉代表の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長は20日にライトハイザー代表と会談したのに続き、26日ごろ2回目の交渉のためにワシントンをまた訪問する。過去の韓米FTA締結と批准過程での国内政治理念論争を抜け出し、今度はトランプ大統領の助言のように青年雇用、国益だけを追う交渉にならなければいけない。

チョン・ヒョシク/ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP