주요 기사 바로가기

「ソウルに危険のない軍事オプション」…精密打撃・斬首作戦・EMP弾?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.20 13:05
0
米国のマティス国防長官が18日、「ソウルを重大な危険にさらさない対北朝鮮軍事オプションがある」と明らかにした。国防総省で行った記者らとの非公式懇談会でのことだ。彼は「ソウルを深刻な脅威に陥らせずに北朝鮮に使用できる軍事オプションがあるか」との質問に、「そうだ。存在する」と話した。だが「詳しい内容については明らかにしない」として戦略的隠蔽が必要な部分というニュアンスをほのめかした。

マティス長官のこの日の発言は米国がソウルの安全を確保した対北朝鮮軍事オプションをすでに持っているという意味にも解釈でき注目を集める。前日ヘイリー駐国連米国大使はCNNに「国連安全保障理事会でできる措置はほとんど使い果たした。外交的手段が通じなければマティス長官がこの問題を扱うだろう」とマティス長官にボールを渡した。

だが主要外信と専門家らはマティス長官の話のようにソウルの安全を確保しながら米国が取れる軍事的オプションは多くないとみている。それでも韓国の被害を最小化できる米国のオプションは大きく4種類に要約される。▽対北朝鮮核攻撃警告を通じた核拡張抑制▽金正恩(キム・ジョンウン)を不意に除去する斬首作戦▽北の武器体系をまひさせるEMP(電磁パルス)弾攻撃▽北の長射程砲とミサイルなどに対する精密打撃――などだ。

このうち最も説得力を持っているオプションは既存の核拡張抑制戦略の強化だ。実際に記者懇談会でマティス長官は先月国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官とワシントンで会談した際に韓国に核兵器を再配備する問題を「ひとつのオプション」として議論した事実を確認した。

マティス長官は「われわれはそのオプションについて議論した」と公開した。だが「再配備を検討中か」との質問には「違う。私が言いたいのはそれがすべて」と返事を拒否した。韓米政府が韓半島(朝鮮半島)非核化政策を固守しており現在では実現の可能性は大きくない。
「ソウルに危険のない軍事オプション」…精密打撃・斬首作戦・EMP弾?(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP